藤浪、甲子園初完投で連敗ストップ

想像していた通り、優勝争いのプレッシャーがなくなったとたんに投打がかみ合って快勝。なんか広島ファンに申し訳ないように思う。

藤浪は初回、先頭の天谷にストレートの四球を与えると、菊池にヒットで繋がれ、丸の内野安打でいきなり無死満塁のピンチを背負う。
連敗の悪い流れをそのまま引きずっているような立ち上がり。前日は能見が初回に4失点したが、同じような展開になりそうな感じやった。

しかし、このピンチで4番松山をピッチャーゴロ、1-2-3のゲッツーに仕留める。キラに四球を与えて再び満塁にするものの、田中をレフトフライに打ち取って、このイニングを0に抑えた。

なんとかうまく立ち上がったが、3回に丸のタイムリーで1点を先制され、また後手に回ってしまう。
4回には今成が自打球を左脇腹に受けて、打席途中で負傷退場。
アンラッキーなヒットを打たれたり、アクシデントが起こったりと、何かに憑かれてるような感じやね。

ところが、打席途中から代打で出た坂がライト前ヒットで出塁し、鳥谷が四球を選んで1死1・2塁とすると、ゴメスのタイムリーで同点に追いつく。
さらに、マートンが死球で満塁になると、福留が押し出しの四球を選んで逆転に成功した。
ここ何試合かのパターンだと、これで打ち止めかと思って見ていたが、ここから打線が爆発。

伊藤隼がライトへタイムリーを放って2点を追加。。フォークボールを体を低くして捌いたうまいバッティング。
鶴岡の犠牲フライでさらに1点を追加。こういった点の取り方が最近できてなかった。それが連敗に結び付いてたんやと思う。
久しぶりに5点のビッグイニング。ここのところビッグイニングを作られっぱなしやったもんなあ。そう思ってたら藤浪も左中間を破るツーベースを打ち、福井から一挙6点を奪った。

6回には1死1・2塁から藤浪が送りバントを決めると、ワイルドピッチと上本のタイムリーで2点を追加。
連敗中は送りバントもことごとく失敗してたもんなあ。当たり前の事を当たり前にすると点が入るし、相手にミスも出るもんやね。

藤浪は8回に2点目を失うものの、大量点に守られてそのまま9回まで投げきり、2桁勝利に王手をかけた。
規定投球回数にも到達し、防御率はリーグ7位に躍り出た。

この日はベンチの雰囲気も明るかった。
某大阪桐蔭OBが戻ってきたことで、ムードが変わったんかもなあ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 藤浪の甲子園初完投でようやく連敗脱出!

    Excerpt: 運命の9連戦、2カード目はカープとの3連戦です。まぁ、運命と言えるのは、ジャイアンツとの直接対決で結果を出したら・・・という言い方もできますけど、それでも、残りの17試合の結果次第では、まだどういう状.. Weblog: りが・みりてぃあ野球殿堂 racked: 2014-09-14 13:27