メッセンジャー大活躍、首位決戦初戦勝利

メッセンジャーが打って、走って、投げての大活躍。再び首位と0.5差に肉迫。

加藤を登録抹消。こないだ打たれたからかと思いきや、ぎっくり腰とのこと。それでなくても左の中継ぎが手薄というのに、ここへ来ての故障は痛い。

メッセンジャーは初回、2つの四球を出すと、阿部にタイムリーを打たれて1点を失う。しかし、これで目が覚めたか、連続三振で後続を断つと、その後は5回まで3安打ピッチング。低めにしっかりとコントロールすることが出来て、フライアウトはわずかに1個だけ。狭い東京ドームだけに理想的なピッチングやったね。

打線は1回、2回と得点圏にランナーを進めるものの、杉内を打ち崩せないでいたが、3回にこの日2番センターで起用された俊介がホームランを打って同点に追いついた。
5回には先頭のメッセンジャーが右中間へツーベースを放ち、俊介の送りバントで2・3塁へ進むと、鳥谷のライトフライでタッチアップからホームインして逆転に成功。
6回には1死満塁の場面でメッセンジャーが左中間を破るタイムリーを放ち、杉内をノックアウト。

鳥谷が広島戦の3見逃し三振で調子を崩して、最低限の仕事しか出来ていない。ゴメスはしっかりとマークされ、梅野も最近は守りの人なので、打線が分断されてしまうところ。俊介が役割以上の仕事を果たし、メッセンジャーが下位打線の穴を埋める働きをしてくれた。メッセンジャーはもはや杉内キラーと言ってもええんちゃうか。

ところが、6回の裏にメッセンジャーが突如崩れる。
坂本、阿部の連打でピンチを招くと、高橋由なタイムリーで1点を失い、さらに村田に四球を与え無死満塁の大ピンチ。
同点どころか、逆転される可能性もある場面。
しかし、ここでメッセンジャーが驚異の踏ん張りを見せる。
先ずは井端を三振に打ち取ると、続くセペタも三振。そして代打ロペス。ここも三振にを奪って、読売の反撃を1点にくい止めた。

流石にこれで力を使い果たしてこのイニングで降板したが、7回2失点としっかり試合を作ったうえに、先頭に立って杉内を攻略してくれた。

7回は安藤が3人でピシャリ。福原は村田に一発を浴びてしまったが、メッセンジャーのタイムリーと踏ん張りがここで効いた。最後は呉昇桓がしっかりと三者三振に抑えての勝利。

これで首位読売との差は0.5。直接対決でひっくり返してやりたいね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 【阪神】巨人に先勝!

    Excerpt: (東京ドーム) 阪 神001 012 000=4 巨 人100 001 010=3 <投手> (神)メッセンジャー-安藤-福原-呉昇桓 (巨)杉内-田原誠-久保-青木-土田-江柄子 ○メッ.. Weblog: FUKUHIROのブログ・其の参 racked: 2014-08-13 21:54
  • 【2014観戦記-36】vs.ジャイアンツ16回戦@東京D【15勝15敗1雨】

    Excerpt: 今週は東京ドーム&浜スタの関東6連戦。しっかり応援していこうと思いますが、とりあえず、今日からのジャイアンツ戦ですね。1.5ゲーム差での、まさに首位攻防!かなりヒートアップできる状況ですけど、今月はも.. Weblog: りが・みりてぃあ野球殿堂 racked: 2014-08-13 22:28