上本、気迫の決勝タイムリー

勝ち投手が安藤というのが納得いかんが、まずは勝ててよかった。上本、ようやった。

能見は5回までDeNA打線を散発2安打に抑え、奪三振もここまで7つ。前回の勝利から、まさにエース復活と言える完璧な内容だった。

打線は2回、四球のランナーを置いて伊藤隼のプロ初となるスリーベースで先制すると、3回には上本のツーベース、鳥谷のタイムリーで2点目を奪う。5回には四球、パスボール、エラーとDeNAお得意の守りのミスで2点をもらい、能見の内容から言って楽勝かと思われた。

ところが、能見は6回になって石川、田村に連打を浴びて1死1・2塁とされると、梶谷、ブランコの連続タイムリーで2点を失う。さらに、2死を取ってからバルディリスにもタイムリーを打たれて1点差に迫られた。
ストレートもフォークも打たれているので、狙い球を絞られたということではなさそう。球数はここまで少なめだったので、疲れて球速が落ちたという訳でもない。配球が単調になってしもたんかな。

能見は何とか1点差で踏ん張ったが、7回にリリーフした安藤が1点を失って、試合が振り出しに戻った。
流れが悪いし、延長を考えると次の回は福原、呉昇桓を出す訳にはいかない。筒井、建山、渡辺は投げてみないとわからん状態だし、金田も連投が続いている。
8回に勝ち越してしまえば後ろのピッチャーの問題はなくなるが、マートン、福留が倒れてツーアウト。だんだんと状況が厳しくなってきた。

2死になってから伊藤隼がヒットで出塁し、良太四球で1・2塁のチャンスを作る。ここで代打関本がレフト前ヒット。勝ち越しかと思われたが、二走伊藤隼がホームに還ることができずに満塁。

次のバッターは上本。この日はツーベースを1本打っているとはいえ、8月に入ってから深刻な打撃不振に陥っている。
内野安打でもいいから1点取ってくれと祈るような気持ちで見ていたら、2球目の高めのストレートを一閃。左中間フェンス直撃のツーベースで走者一掃。
相当体重が落ちているように見える上本。試合終盤なのでなおさら疲れが出ていたと思うが、気力を振り絞って喰らいついていった。

8回のマウンドは福原。この日はストレートが素晴らしかったね。桑原、バルディリスにはコースにズバッとストレートが決まって見逃し三振。
最後は3点差で呉昇桓。この日は3人で終わらせてくれた。
2人とも1点差でもこのくらい安定したピッチングを見せてくれたらええねんけどなあ。

クリーンアップの打率、打点はタイガースがセリーグ6球団中トップらしい。それで2位に甘んじているということは、それ以外のところで得点できていないということ。下位打線で作ったチャンスを上位打線で還すという得点パターンが必要。その意味では上本、伊藤隼がマルチヒットが得点に繋がったのはええ事やね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック