打線に元気なく完敗

打線に元気がなく、ヒットはわずか5本。ほとんど何も出来ないままに負けてしまった。

岩田は初回先頭の長野にホームランを打たれると、橋本にヒット、阿部にツーベースを打たれると、村田の内野ゴロの間に2点目を献上。
2回にはピンチで堪えきれず橋本のタイムリーで1点を追加される。
先頭打者ホームランを引きずってしまい、以前の岩田に戻ってしまったような内容だった。

打線は全体的に夏バテ状態。たまにランナーを出してもバント失敗やら併殺でチャンスを作ることが出来なかった。初回の2点だけで勝負がついてるもんなあ。

上本、今成の1・2番コンビが機能せず。
鳥谷にタイムリーが出たものの、最終打席はまたもや見逃し三振。広島戦から選球眼に狂いが出てきている。
ゴメスは二日連続の3三振。マークされていることもあるが、疲れが溜まってるんやろね。ボールになる球を我慢できなくなって、まるでオープン戦の時のような大型扇風機状態。
マートン4番、5番新井としてみるとか、ここら辺りでスパイスを効かせる必要があるんちゃうかな。

梅野も相当バテてる様子。バッティングはまったく期待できなくなってしまったし、守りにも影響してきている。ファームで調整させる必要があると思うが、状況が許さんのやろなあ。せめて鶴岡をスタメンで起用する試合を増やすとかして、負担を減らしてやらなアカンのちゃうか。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 【2014観戦記-37】vs.ジャイアンツ17回戦@東京D【15勝16敗1雨】

    Excerpt: 先勝できたことで、とりあえず8月終盤から9月にかけての「本当の」天王山への布石は打てたと思います。今日、明日は、ある程度気楽に戦えるはずなんだよね。時期的にまだ首位に立つのは早いと思うのですが、だから.. Weblog: りが・みりてぃあ野球殿堂 racked: 2014-08-14 22:53