岩田、粘りのピッチングで久々の連勝

ため息と賞賛の繰り返し。「ガンバレ岩田」のコールを受けながら、これを2回から7回まで繰り返す展開。球場に着いたのは3回表の途中だったので、得点シーンはおろか、チャンスの場面もなし。ひたすら岩田の踏ん張る姿を見ているだけという感じだった。

初回、鳥谷を2塁に置いて、ゴメスがレフト前に落として1点を先制。
得点シーンはたったこれだけ。前日繋がった打線は、2回以降は散発4安打に抑えられた。

一方、ヤクルト打線の方は毎回のようにヒットのランナーを出し、試合の流れは明らかにヤクルトに向いていた。
岩田は無死、1死から得点圏にランナーを置く、苦しいピッチング。見ている側からすると、いつ炎上して逆転されるかとヒヤヒヤのしっぱなし。
しかし、三振でアウトカウントを増やし、内野ゴロで逃れるという繰り返しで、7回まで見事に無失点で乗り切った。
ランナーが3塁にいる場面でフォークボールを要求して三振の演出をした梅野も素晴らしかった。

お立ち台でインタビューに力強く答えていたのが印象的やったね。いつの間にこんなに強くなったんかと。ひげ面になっていたので、なおさらそう思った。
この日のピッチングは意見が分かれるやろね。粘ったとも言えるし、ランナーを出し過ぎとも言える。ただ、1つ確実に言えることは、他のピッチャーもこの粘りは見習って欲しい。

8回は福原が4人で抑え、9回は呉昇桓がマウンドへ。1点差を守り切れるかとても不安だったが、この日は何とか3人で締めてくれた。森岡のセンターフライはちょっとヤバイと思ったけどね。

これで再び5割に戻した。なんか雰囲気的にいい感じなので、このまま連勝を続けてくれたらええね。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック