能見がまさかの大炎上、とうとう4位陥落

エース能見でなんとかタイに持っていきたいところだったが、予想外の乱調で惨敗。

能見はプレイボール直後に3連打を浴びて1点を失うと、ルナにスリーランを浴びて、いきなり4失点
ここのところ打線が不振なので、それだけでも厳しいと言うのに、その後もヒットと四球でランナーを溜めてしまう。
アウトが取れない能見に対し藤井はバント。アウトをくれてラッキー思った瞬間、ゴメスがファンブルして無死満塁。内野ゴロの間に1点を追加されると、今度は上本のトンネルで走者一掃。更に2連打を浴びて、この回8失点。
能見は3回にも1点を失ったところで、身体の不調を訴えて降板。左脇腹の違和感だとか。
試合前はどうもなかったとコメントを出しているが、今シーズンの不安定さは、これが原因やったんちゃうか。
ここまでピッチングに影響するんやったら、長引くかもしれんなあ。

能見が限界を感じて藤井をマウンドに呼んだとき、ベンチはXサインを出して、まだ準備が出来てないからそのまま投げろと言ってる様に見えたが、1回から渡辺が準備してたので問題はなかった筈。せめて打席が回ってくるまで投げろと言ってるようにしか見えなかった。
能見と首脳陣との間に確執が残らんかったらええねんけど。

この日ドツボだったのは能見だけではなかった。
上本が、前述した通り2点タイムリーエラーとなるトンネルをやらかしたが、その後も2回にファンブル、9回にも失点に繋がるトンネルと、2塁手のセリーグ記録に並ぶ1試合3エラー。
3割バッターやなかったら、2回のエラーで懲罰交代させられてたやろね。
休日返上で特守をさせるだけで済ませるのは、他の若手に示しがつかん。1試合か、2試合の間はスタメンを外さなアカンのちゃうか。

打線は相変わらず繋がらない。この日は4番から7番までがマルチヒット。10安打5四球と塁を賑わせながら、得点はたったの2点。それもタイムリーは福留の1本だけという有り様。
最近、ほとんどチームバッティングが見られないようにおもうんやけど、気のせいやろか。

この試合、警備員をメガホンで叩いて逮捕されたファンが出たらしいが、怒りのやり場がなかったんやろなあ。絶対にしたらアカン事やけど、気持ちは分からんでもないわ。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック