鶴-梅野のバッテリーで連敗をストップ

右手親指の骨折で上本が離脱。代わりに荒木が登録され、セカンドスタメンで出場。打順も大和を1番に繰り上げて、2番俊介、8番荒木としたが、どうもしっくりとせんなあ。

先発の鶴は初回3人で終わらせ、先ずは立ち上がりはOK。
すると、直後にマートンのサードゴロを川端が弾いてツーベースになると、梅野のピッチャーゴロをナープソンが1塁へ悪送球してくれて1点が入る。

しかしその裏、バレンティン、雄平の連打で無死1・2塁のピンチを招く。なんとかツーアウトまでこぎつけたものの、踏ん張り切れずに中村にタイムリーを打たれて同点に追いつかれた。
やっぱり鶴やなあという感じ。その後も毎回の様にランナーを出すピッチングで、いつ打ち込まれるか不安だった。
しかし、3回以降はなんとか無失点で切り抜けて、6回まで5安打1失点と予想外の好投。6回はホームラン性の外野フライを連発されてヒヤヒヤもんやったけどね。

鶴といえばストレートがいいという印象があるが、この日はシュートを軸にした組み立て。配球もインコースを効果的に使った配球だった。
スタメンマスクが梅野だったことで、ヤクルト打線が惑わされたんやろうなあ。

7回1死から、その梅野がレフトオーバーのツーベースで出塁。一瞬スタンドインしたかと思った。
代打新井は力み過ぎて内野フライに倒れたが、代打2番手関本が、前進守備のセンターを越すツーベースで勝ち越した。

その裏は安藤、8回は福原が虎の子の1点をしっかりと守る。
安藤は先頭バッターにヒットを許したものの、その後は気迫のピッチングで抑えた。
福原は3人でピシャリ。三振を2つ奪って、通算1000奪三振を達成した。

センター方向への強い風が吹いている神宮球場。点差は1点。もう少し点差が欲しいところ。
すると、9回表に今成がツーランホームランを放ってダメ押し。
最後は呉昇桓がしっかりと締めて、連敗をストップした。

梅野、関本、今成といった、普段出番の少ない選手がよく頑張ってくれた。
特に梅野はリードもさることながら、3度の得点機すべてに絡む活躍。実力だけでなくツキも持ち合わせてるようやね。

さて、上本が抜けて緊急対策した打線はあまり機能しなかった。5月に入ってから得点力も落ちているので、この際打線を大幅に組み替えてもええんちゃうか。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック