鳥谷猛打賞、能見ハーラートップの3勝目

広島戦の連敗を引きずってしまわないか心配してたけど、ライアン小川を文字通り粉砕して勝利。後ろのピッチャーも形になって来た。

初回、小川の立ち上がりを攻め、上本のヒット、大和の送りバントで1死2塁。ここで調子が上がって来た鳥谷がレフト前に運んで1点を先制。
この後、ショート西浦の2つのタイムリーエラーでこの回3点。これがなかったら、また違った展開になったやろね。

初回の送りバントを批判する人が多いようやけど、これはこれで悪くないんちゃうかな。ただ、せっかく足が速くて、バッティングもいい選手を並べてるんやから、もっと他の作戦も使って欲しい。相手に100%バントと思われんようにした方が、今後戦い易くなると思うんやけどなあ。

2回、小川がやや立ち直りかけたところで、大和がヒットで出塁。鳥谷のピッチャー返しが小川を直撃し、1塁側ファールグラウンドにボールが転がる間に大和がホームインして1点を追加。珍しい投手強襲のタイムリーツーベース。
小川は手のひらにボールが当たり負傷降板。鋭い打球が顎めがけて飛んできたのを手でよけたらしい。恐かったやろなあ。ちょっと気の毒に思う。

ここで緊急登板した石山を打ち崩していたら楽な試合運びが出来たのに、ここから打線は沈黙。読売戦のときの打線ならボコボコにしてたやろなあ。広島へ行ってからちょっと下降気味やね。

先発能見は4回までパーフェクトピッチング。2試合連続完封もあるぞと思っていたら、5回2死に畠山にバックスクリーンへソロホームランを打たれて失点。
まあ一発は仕方ないかと思ってたが、6回に入ってから能見が打たれ出す。3周り目に入ってタイミングが合うようになってきたのか、それとも配球を変えたのが失敗したのかな。
6回はなんとか踏ん張ったが、7回2死から畠山に四球を与えると、中村にヒットで繋がれ、西浦のタイムリーで2点目を失った。西浦は当てるのが精一杯のような感じやったのに、もったいなかったなあ。

5回から7回にかけて打たれたが、すべて2死から。能見に限らず、最近は2死から打たれるのが多いような気がする。

この後、安藤が代打田中浩を内野ゴロに打ち取ってピンチを脱すると、福原、呉昇桓とパーフェクトリリーフで勝利。
呉昇桓は圧巻のピッチング。バレンティンをファーストフライ、雄平を見逃しの三振。そして畠山は真ん中のストレートで空振りの三振。以前の様に粘られたり、変化球を多投したりすることなく、力でねじ伏せた。
石直球と言ってるけどそんなに大した事ないなあと思っていたが、ここへ来て本領を発揮したという感じやね。

この試合、不調の福留をとうとう外した。タイミングが遅すぎ。4番を張っているわけやないんやから、手負いの状態で出し続ける意味ないやん。
故障がしっかり治るまでファームに落とした方が、本人にもチームにもええと思うんやけどなあ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 4/18 阪神4-2ヤクルト(甲子園)~なんとか連敗脱出+同日のプロ野球

    Excerpt: 鳥谷さん、いつの間にそんな打法を身につけた? ヤクルトファンの同僚に「巨人にやれ」って怒られて平謝りしました。— オタクヤクザ (@Harley_cedy430) 2014, 4月.. Weblog: ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2 racked: 2014-04-20 05:58
  • 甲子園では負けられない!

    Excerpt: 今年のタイガースって、ビジターカードは全て負け越し、ホームカードは全て勝ち越しで、ジャイアンツ戦の3タテの分、勝ち越してるって状況なんですね。去年みたいにホームでも負け越してるようじゃ論外なんですが、.. Weblog: りが・みりてぃあ野球殿堂 racked: 2014-04-20 07:58
  • 阪神4-2ヤクルト 能見好投、3勝目!

    Excerpt: 阪神能見が五回途中まで完全投球の好投 エースの責任果たし3勝目(デイリースポーツ) - goo ニュース 先発の能見が6回2/3を5安打2失点に抑えて3勝目をあげた。 1回に鳥谷がタイムリー。エラ.. Weblog: 成り行きアラカルト日記 racked: 2014-04-21 21:41