誤審に負けず、今シーズン初のサヨナラ勝ち!

阪神先発は歳内。開幕直前に結婚を発表し、そして昨日長女が誕生…って早過ぎじゃ!分かってたんやったらオフの間にちゃっちゃと入籍しとけwww

歳内は序盤、変化球のキレがよく、横浜打線を2安打に抑える好投を見せた。
3回裏に大和のタイムリーで2点を先制してもらい、岩崎に続いてプロ初勝利となるかと期待していたが、4回から突然ボールが高めに浮き出し、変化球のキレも悪くなった。
ブランコにツーベースを打たれると、バルディリスにもレフトフェンス直撃のツーベースを打たれて1点を返される。そして、荒波に、レフトポールに当たるアンラッキーなホームランを浴びて逆転されてしまった。
先制点をもらったことで、かえって守りに入ってしまったのか、それとも単に2巡目は通用せんということか。もう一度ファームで鍛え直しといで。

5回から榎田を中継ぎで投入。先頭バッターは打ち取ったが、山崎に死球を当てると、梶谷にヒットで繋がれた。ブランコを迎えたところで金田にスイッチするが、タイムリーを打たれて3点差。
榎田は次のカードで先発するための調整登板だったらしい。ファーム落ちかと思ってたが、予定通り先発で投げるとか。どれだけ台所が苦しいねん。

打線は3点ビハインドで迎えた6回、鳥谷ヒット、ゴメス四球、マートンヒットで無死満塁。ここで良太がレフトオーバーのツーベースを放ち、1点差に迫る。続く鶴岡のセンター前タイムリーで同点に追いついた。
尚も無死1・3塁。一気に逆転できそうな勢い。

ところが、ここで考えられないミスが連発。
代打新井の打席で三嶋の投球をキャッチャーが大きく弾く、三走の良太がスタートを切るが、ホーム寸前でタッチアウト。
1死2塁となって新井の打球はショートゴロ。二走鶴岡がショート山崎と交錯して、守備妨害でアウトになる。
無死1・3塁があっという間に2死1塁。もうここは福留の長打に期待するしかない場面。
しかし、ワンバウンドの投球をキャッチャーが前へ落としたのを見て新井が走り、セカンドでアウト。
無死から走塁ミス3つでチェンジって初めて見たわ。もし負けてたらここが一番のポイントになったやろね。

7回以降は加藤、福原、呉昇桓と無失点リレーで繋ぐ。
呉昇桓が2死からヒットのランナーを出し、金城が代打で出てきた時はちょっと嫌なムードだった。
何とか抑えてくれたものの、未だ完全に信頼出来ない。次の登板ではしっかりと3人で抑えてもらいたいもんやね。

9回裏、先頭の良太が右中間を破るツーベースで出塁。
鶴岡はバントを試みるもファールと空振りで追い込まれる。フルカウントからなんとか1塁側にバントを転がすが、バントシフトを敷いていたブランコから3塁にボールが送られて、代走俊介がアウト。
スローで見るまでもなく、俊介の足の方が早かったのになあ。MLBやったら間違いなくチャレンジやったやろなあ。
それにしても、いつも思うんやが、こういうときはオーロラビジョンでスロー再生流したらええねん。

関本三振で2死1塁。続くバッターは途中出場の福留。もう、福留の一発に掛けるしかない。
そう思ってたら福留はストレートの四球で、サヨナラのランナーが得点圏に進んだ。
左で一発のある福留より、右で今日ノーヒットの上本の方が打ち取り易いと考えたんかもなあ。

前回の対戦では見逃し三振に倒れた上本。この日は初球から振りに行った。
打球はライト線に向かって一直線。ライト梶谷が背走するが追いつけず。うれしいサヨナラヒットになった。

残っているピッチャーは安藤と筒井だけ。誤審で延長に入っていたらと考えるとぞっとする。
よくぞ上本が土壇場で決めてくれた。

先発の駒不足の中、流れも悪かった試合を勝てたのは大きい。
これで再び5割に復帰したんやから、今から開幕と思って出直して欲しい。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック