どうなる、来季の戦力

久保がFAを宣言し、スタンリッジは退団。出て行く話ばかり決まって、補強は遅々として進まず。補強らしい補強も出来ずに終わるんとちゃうやろね。

久保はとりあえず最初にタイガースと交渉してくれるらしいが、監督やコーチとの信頼感が崩れてしまっているようなので、再契約は難しいやろね。

スタンリッジを切ったのは、呉昇桓との契約を見込んでのこと。絶対的守護神の必要性を考えるとやむを得ない選択だったと思う。しかし、その呉昇桓との契約が金額面で難航していると言う。韓国球団への移籍金など、想定外の費用が必要なんだとか。それって、単なるリサーチ不足なんとちゃうん。呉昇桓との契約が不調に終わったら、新たに新外国人のクローザーを探すらしいが、簡単に見つかる位なら世話ないわな。それが出来んから、毎年外国人の補強で苦労してるんちゃうの。

メッセンジャーと複数年契約を交わす事が出来て、とりあえず最悪の事態は免れたものの、先発を任せられるピッチャーを2人失い、試合終盤は今年同様にベテラン頼みとなると厳しいかも知れんなあ。

野手陣は、鳥谷、マートンの残留が決まって一安心。今のところマイナス材料はなし。それどころか、掛布DCの指導で若手が伸びたり、ゴメスが当たりだったりすると、プラスになる可能性がある。
後は和田監督が選手を適材適所で上手く使うだけ。そこが一番の不安材料やなあ。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック