檜山のホームランでCS敗退のショック和らぐ

貧打と投壊で何をやってんのやというような試合展開。ゲームセットが近づいてファンのフラストレーションが爆発しそうなところでの檜山の一発。どれだけのファンがこれに救われたことか。
檜山進次郎


1回裏に西岡の先頭打者ホームランで先制。広島の勢いを止める、景気づけの一発になる筈だった。しかし、その後の福留、2回の藤井のレフトへの大飛球をエルドレッドに好捕され、これで流れを止められてしまった。
特に藤井の当たりはレフトフェンス直撃かと思われるような鋭い当たりだった。抜けたと判断して一走坂が2塁を回っていて、急いで1塁まで戻ったが間に合わずにゲッツーとなってしまった。

その後はバリントンに5回まで.初回の西岡のホームランの1安打だけに抑えられた。6回からピッチャーが横山に交代。横山ならなんとか攻略できるんやないかと思っていたが、横山にも2イニングを三者凡退に打ち取られ、7回までスミ1ならぬスミ1安打と、完璧に抑えられてしまった。

打席で何の工夫も感じられんというのが問題やなあ。
ベンチの指示だったとは思うが、皆早撃ちで簡単に凡退して、結局相手ピッチャーを助けてしまっていた。バントを仕掛けて揺さぶってみるとか、粘って四球で出塁するとか、何かやりようはなかったんかな。

福留が初回の打席で足を痛めたらしく、2回の守備から退いたのも痛かった。
福留は、結局ほとんど何も出来ずに今シーズン終了。城島のような道を辿るんやないやろね。

先発メッセンジャーはいつものように淡々と広島打線を抑え、こちらも5回まで3安打無失点の好投。
ところが、6回先頭の菊池にツーベースを打たれると、梵の送りバントで3塁へ進められ、キラのライト線タイムリーツーベースで同点に追いつかれる。松山は三振に打ち取って2死までこぎつけたものの、エルドレッドにレフト前タイムリーを打たれて逆転を許してしまった。

キラのタイムリーは仕方ないかもしれないが、エルドレッドは間違えなければ安全パイの筈。初球の入りがまずかったのが悔やまれる。

更に木村にもヒットを打たれて1・3塁となったところで降板。メッセンジャー不満そうやったなあ。短期決戦で、なおかつリーチをかけられているので交代は仕方ないとは思うが、メッセンジャーにしてみたら、もっとオレを信用してと思ってたやろなあ。戻ってくるときにベンチにボールを投げ込んでいたのが心配やな。

メッセンジャーの残したピンチは久保がなんとか乗り切ったが、その裏の攻撃が9番からだったので、久保に代打を送らざるを得なかった。バッテリーごと代えて、8番久保、9番清水にして、久保にもう1、2イニング任せるべきやった。

7回表、安藤がマウンドに上がる。先頭の丸に四球を与え、送りバントで2塁に進められると、梵にライト線にスリーベースを打たれ、追加点を与えてしまう。先頭バッターを出した時に嫌な予感がしていた。

なおも1死3塁のピンチは加藤がなんとか凌いだが、その加藤も8回に先頭の天谷をヒットで出すと、バント処理をミスって無死1・2塁にしてしまう。
ここで何とボイヤーにスイッチ。渡辺も福原も居る。スタンリッジもベンチ入りしていた筈。これ以上点差を離されると明日がない場面やのに、なぜかピッチャーを温存。

結局ボイヤーは、送りバントで2・3塁とされると、小窪に左中間を深々と破るスリーベースを打たれてしまった。代わり端はほぼストレートしか投げんので、それを狙われたんとちゃうか。
更に犠牲フライを打たれて3点を失い、点差を5点に広げられてしまった。

試合の大勢が決まった9回になってから福原を投入。しかし福原も柴田のマズいプレーで2死3塁のピンチを迎えると、ワイルドピッチで失点。こんな試合になって選手の集中力も切れてしもたんちゃうか。少なくとも投手陣はこの日の交代のタイミングや人選だと、やる気を失ってしまうわな。

打線の方は、8回にようやく新井がチーム2本目のヒットを打って出塁すると、今成、柴田の連打で1点を返す。なおも1死1・2塁でバッターは西岡。ネクストには檜山。一気に点差を詰めるチャンス。しかし、西岡はセカンドゴロゲッツーに倒れ、負けが決まったような雰囲気に包まれた。

もうこうなったら檜山の最終打席だけが楽しみだったが、9回先頭の代打は上本。檜山を出さんつもりか。
上本はピッチャーゴロに倒れ、鳥谷もあえなく三振。そしてマートンの打席。ネクストには再び檜山の姿。マートンには何としてもヒットで繋いでもらわんと。ここで凡退して試合が終わったら暴動が起こるで。

祈るような気持ちで見ていたら、ここでマートンがライト前ヒットで出てくれた。好調の時に見られた見事な右打ち。これが出来るんやったら、もっと早よ打っといてや。

そして代打の神様、檜山登場。三振でも内野フライでも、最後の姿を見れたらそれでいい。そんな思いでいたら、2球目を一閃し、打球はライトポールへ一直線。そのままポール際に入る、劇的なホームランで現役最終打席を締めくくった。
まさに神降臨。グラウンドを1周してきた檜山に思わず「ひーやん、ありがとう」と叫んでいた。

試合後は檜山のHMの歌い納め。すると檜山が出てきてファンへ挨拶。その後も再びカーテンコールに応えるように出てきて挨拶をしていた。最後までファンの事を考えてくれてる事が嬉しかった。


このクライマックスシリーズは2戦とも完敗。広島の作戦はランナーが出ると確実に送るというオーソドックスなものだったが、ベンチのタクト通りに選手が動いていた。
勢いの差というより、ベンチと選手の信頼関係の差と違うかな。選手個々が実力を発揮出来ないままに終わってしまったように見えたのが残念やった。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック