まさかの先発藤浪、そしてまさかの被弾

普段はレフトの一角に陣取っているカープファンだが、この日の甲子園は左半分が赤く染まるほどの大群。こういうのに慣れていないので、ホームやのにアウェーのように感じてしまった。1塁側のチケットを取っててよかった。

広島先発はマエケン。そして、阪神の先発は意表をついて藤浪。案外2戦目ぐらいに投げるんちゃうかと思ってたが、まさかの開幕投手にびっくりした。和田監督にしては珍しくインパクトのある良い作戦だった。

藤浪は3回に先頭の梵にヒットで出してしまう。続くキラにもセンター前にポトリと落ちるヒットで無死1・2塁のピンチを迎えると、松山に1・2塁間を破られて先制点を許した。今成がボールをどこへ投げるかを一瞬迷った間に松山が3塁へ進まれてしまい、なおも無死1・3塁のピンチが続く。
しかし、ここが藤浪が並みの高卒ルーキーでないところ。エルドレッドを浅いライトフライに打ち取ると、石原を三振、木村をセンターフライに打ち取ってこのピンチを脱出した。

その裏、先頭の鳥谷が内野安打で出塁。マートン、福留が凡退したところで鳥谷がセカンドへ盗塁を決めた。タイミング的にはアウトに見えたが、その前の福留の1塁線を破る当たりを橘髙がファールと判定していたので、その穴埋めやったんかな。
ここでマエケンキラーの今成が見事にセンター前へはじき返し、すかざず同点に追いついた。
ここまでは見事な戦い振り。藤浪の先発、今成のスタメン起用が成功し、作戦もピタッと嵌まっていた。

ところが、藤浪は5回にマエケン、菊池のヒットで1死1・2塁とされると、キラにライトへスリーランを打たれてしまった。
録画で確認したところ完全な失投。ピンチを迎えても丁寧なピッチングで乗り切ってきたのに、ここへ来てコントロールミスが出てしまった。マエケンが相手なので、実質これで勝負が決まってしまったようなもの。

打線はマエケンから1点を取るのが精一杯。ロッテ下克上の立役者だった西岡はノーヒット。クリーンアップは鳥谷の内野安打1本だけ。鳥谷の盗塁から1点が入ったことを考えたら、足を絡めた積極的な作戦が効果的だと思うんやが、5回以降は全くといっていいくらい動きがなかった。

投手陣は藤浪の後を受けた久保が1イニングを完璧に抑えたが、それ以降はボロボロ。
ボイヤーは球速こそ150キロ出てたが、なぜかマエケンに粘られた末にヒットを打たれた。速いだけやアカンということやろね。

8回を投げた筒井が9回もマウンドに上がる。筒井のイニングまたぎは恐いなあと思ってたら、案の定イニング先頭の丸にダメ押しのホームランを打たれてしまった。シーズン中もイニングまたぎで点を取られること多かったのに、ここへ来てまた同じ事を繰り返すか?

更に今成のエラーと四球で1死1・2塁となったところで玉置にスイッチ。何で玉置なん?実績もないし経験も不足してるやん。最初のバッター、代打岩本にライトへスリーランを打たれてチーン。
中西コーチは打たれた玉置を責めるようなコメントをしてるけど、こんな場面で使った首脳陣に責任あるやろ。

普通に戦って普通に負けたという感じ。クライマックスシリーズやなあと思ったのは藤浪の先発が発表されたときぐらいだった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック