2013ドラフトはまずまず

今年のドラフトの目玉、桐光学園の松井裕樹は5球団が競合し、結局楽天が残り福を引き当てた。今年の星野楽天は運気が強いわ。大阪桐蔭の森は西武が一本釣り。阪神の今年のドラフト戦略は即戦力投手だったので、松井や森はスルー。第1希望は叶わなかったけどまあ無難な結果に落ち着いたんとちゃうかな。

1位は九州共立大の大瀬良大地、日本生命の柿田裕太を外して3度目の正直でやっと引き当てた。
3回ともクジ順が最後で、ようやく3度目に残り福が舞い込んだ。クジ運が悪いというより、他の球団に運があった。

結果、このような指名となった。2位の横田を除いては全員即戦力。いや、横田もひょっとしたら1年目から戦力になるかもしれん。

1位 岩貞祐太   投手  横浜商科大学
2位 横田慎太郎 外野手 鹿児島実業高
3位 陽川尚将   内野手 東京農業大学
4位 梅野隆太郎 捕手  福岡大学
5位 山本翔也   投手  王子(王子製紙)
6位 岩崎優    投手  国士舘大学

岩貞は「1年目からエースを狙う」と公言しているところがええね。先発投手がなかなか育たないうえに、メッセンジャーの去就があやしいので、期待感というより有言実行してもらいたいね。岩貞の入団で岩田が発奮してくれるのも期待している。

横田、陽川は攻走守の3拍子が揃った選手。特に横田は高校生ながら木のバットで130メートルの打球を飛ばすパワーを持っているらしい。陽川は高校時代に巨人の育成指名を蹴って進学したという。2人とも掛布の指導を受けて大きく育って貰いたい。

梅野は秀太の推薦かな。社会人NO1と言われた岡崎がファームでくすぶっているのを見ると、大学球界1の強肩と言うのも、だからどうなんと思ってしまう。バッティングがいいらしいので、また野手にコンバートされないか心配やなあ。

今シーズンは筒井の出遅れたことで左の中継ぎは加藤だけに鳴り、終盤はその加藤もへばってしまった。いわば空白のポジションなので、山本と岩崎は1年目からどんどん使われそうな気がする。この2人も期待感というより、1年目から結果を出して貰いたい選手やね。

昨年のドラフトで獲得した選手の中で、藤浪を除けば、6位の緒方が2試合に出場しただけ。皆2軍に安住してしまうんよね。
今年の新人はファームを踏み台にして、ちゃっちゃと1軍に上がってきて欲しい。即戦力なんやから。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック