とうとう自力優勝消滅

読売にマジック39が点灯。まあ時間の問題ではあったんやけどね。

スタンリッジは初回、4連打を喰らい早々と2点を失う。立ち上がり、ペースを掴む前にバタバタとやられ、よく2点で済んだなあという感じだった。
2回に良太のソロホームラン、3回には鳥谷のタイムリーで同点に追いついてもらうが、直後の3回裏に和田にホームランを打たれて再び勝ち越しを許してしまう。ストライクを置きに行ったところを狙われたかな。
7回にも谷繁のタイムリーで1点を追加されて、このイニングで降板。東京ドームの時とは別人のような内容やったなあ。

ここのところ2カード連続で勝ち越しているが、打線の状態は相変わらず悪い。
1・2番が塁に出て、クリーンアップで返すというのが出来ていない。3回、鳥谷にタイムリーは出たが、たまたま前進守備のショートの頭を越したのでヒットになったようなもんやもんなあ。

マジックは出てしまったが、まだ優勝が決まったわけではない。マジックを消すくらいの意地を見せて貰いたい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック