岩瀬を打ち崩して逆転勝ち

ツキがあったとは言え、中日の勝ちパターンに入ってから逆転勝ちしたのは大きいね。
それにしても、中日は落合が築いたものが、年々崩れて来ているように見える。高木監督に代わってから采配の嫌らしさがないし、何よりナゴヤドームを鬼門と思わんようになったもんなあ。

この日の藤浪は制球に苦しみながらのピッチング。やっぱり中5日というのが影響したんかなあ。
6回を投げて三者凡退に抑えたのは最後のイニングだけ。2回から5回までは毎回先頭バッターを出すという荒れよう。5回、先頭のピッチャーカブレラを四球で出してしまうと、その後ヒットと四球で1死満塁とされ、和田にレフトへ犠牲フライを打たれて1点を失った。それでも5安打4四球で失点はこの1点だけ。これだけ悪くて、よくも1点で収まったもんやね。エース級の内容ですわ。

前日監督退場で意地を見せた打線もこの日は沈黙。4回に相手のエラー絡みで1死満塁のチャンスを迎えるも、良太が初球をサードファールフライ、清水も三振に倒れた。
ナゴヤドームではあと一押しが出来ずに点を取れないことがよくあったが、この日はチャンスどころか、カブレラをまったく打てなかった。

8回からは中日の必勝パターンと思いきや、出てきたのはマドリガル。先頭の今成がしっかりと選んで四球で出塁。鳥谷の1塁ゴロの間に2塁へ進んだ。マートン、新井のどちらかが打ってくれれば同点に追いつくと思ってたら、ここで中日ベンチはピッチャーを浅尾にスイッチ。2人ともあっさりと打ち取られた。それやったら期待させんと最初から浅尾を出しとけや。

9回表の攻撃。マウンド上は岩瀬。打順が下位打線に回るところなので、このまま1-0で負ける可能性大。
先頭の福留が四球で出塁するが、良太がセカンドゴロでランナー入れ替わり。何としてもランナーを進めて欲しかった。
代打関本が右中間へツーベースを放ち1死2・3塁となるが、代打2番手の浅井は当たり損ねのサードゴロ。あちゃーと思った直後、サードの高橋周がこの打球をこぼした。ゴロゴーでスタートしていた良太がホームインして同点に追いつく。
前日も俊介の打ち損ないが内野安打になって得点するとか、ツキが巡って来ているんちゃうか。
ツキと言えば、藤浪も負けないツキを持ってるなあ。

打順が1番に還って、西岡がショートの後ろに落ちるどん詰まりのヒットで逆転。これもラッキーな当たり。
今成のレフトへのポテンヒットで満塁にすると、2死になってからマートンの左中間へツーベースで2者が生還してとどめを刺した。

勝ち投手はボイヤー。前日に続いて、この日も投げ終わってから味方が逆転した。ボイヤーにもツキが回ってきてるんやろね。

さあ、ツキがある内にもう1つ勝って、勢いつけて東京ドームの直接対決に臨んで欲しい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック