藤浪、粘りのピッチングで9勝目!読売のマジック消滅!!

藤浪が、楽天田中以来の高卒ルーキー9勝目。阪神では江夏以来らしい。まだまだ登板機会があるので2桁は確実。どこまで伸ばしてくれるか楽しみやね。

この日の藤浪は思うようにボールが行かず、初回にあっさりと先制を許してしまう。疲れなのか、マウンドが合わなかったのか、藤浪らしくないピッチングだった。
2回、3回と三者凡退に打ち取り、修正出来たかに見えたが、4回以降は再び苦しいピッチング。それでも、4回の1死1・3塁、5回の1死満塁のピンチを併殺で乗り切った。
6回に岩村にタイムリーを打たれて2点目を失ったものの、しっかりと試合を作る事が出来た。

試合中盤まではラジオで聴いていたが、実況では2回からフォームに明らかな変化があったらしい。自分なりの修正方法を持ってるんやろね。多分引き出しをいくつか持っていて、それを駆使して6回まで粘ったんやと思う。1年目からこういうピッチングが出来るというのは凄いわ。

打線は初回の同点のチャンスを逃してやや嫌な雰囲気だったが、2回に新井のソロホームランが飛びだして同点に追いつく。これが反撃ののろしとなり、続く福留もライトオーバーのツーベース。バレンティンがファンブルする間に3塁まで進むと、関本のどん詰まりのセンター前ヒットで逆転。2死2塁となってから西岡のライト前タイムリーでこの回3点目。4回にも鳥谷の内野安打で1点を追加した。

7回には先頭の大和にもヒットが出て、これで先発野手全員安打を達成。2死になってからヤクルト投手陣が崩壊。押本が新井に死球を当てて降板。久古が福留に四球を出して満塁にして太陽にスイッチ。すると太陽は代打檜山に死球、藤井に四球で労せず2点が入った。

しばらく1点、2点しか入らなかった打線がこの日は6得点。まあ、ヤクルト投手陣が不甲斐なかったせいかな。

藤浪降板後は久保、松田、安藤がしっかりと抑えてこのカード3連勝を決め、京セラ6連戦を4勝2敗と勝ち越して終えた。
読売が負けてマジックも消滅。直接対決までにもう少し差を詰めておいて欲しい。そのためにも次のDeNA戦は取りこぼしたらアカンで。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック