あっぱれ藤浪、準完封勝利で8勝目

藤浪が中日相手に9回2安打無失点の素晴らしいピッチングで8勝目。この2試合、スタンリッジと能見がいまいちピリッとしない内容だったが、最後に藤浪がエース級の働きで勝ち越しを決めてくれた。

球数制限を解除して完投を目指してのマウンド。球種の制限も緩くしたようやね。
初回、いきなり先頭の大島に四球を選ばれたが、2番森野以下をしっかりと抑えてまずまずの立ち上がり。初めてのナゴドのマウンドも苦にせず、4回までノーヒットピッチングを続ける。
5回に平田に初ヒットを打たれると、谷繁にもヒットを打たれて2死1・3塁とされるが、山井を三振に打ち取ってピンチを逃れると、その後は再び中日打線をノーヒットに抑えた。

一方、中日先発山井も藤浪に負けず5回まで1安打ピッチング。予想通り投手戦になって、両先発に疲れが出る後半が勝負かなと思っていた。

6回表、今成がツーベースで出塁すると、大和のヒットで1死1・3塁。しかし、鳥谷がセカンドゴロで今成が本塁憤死。マートンも倒れて得点出来ず。
7回にも坂のツーベースでチャンスを作るが、ここも無得点に終わり、藤浪に援護出来ない。

8回表、先頭の今成がヒットで出塁し、大和の送りバントで2塁へ進む。鳥谷は倒れるものの、マートン、新井が連続四球で2死満塁のチャンス。3度目の正直。
坂のカウントはスリーボール。山井のコントロールが乱れていて、押し出しも十分考えられる場面。しかし、1球ストライクの後、高めのボール球に手を出し、セカンドゴロに倒れてこの回も無得点。フルカウントになるまでウェイティングでよかったのに。ベンチから指示は出てなかったんか? 坂もちょっとは頭を使わんかい。

チャンスを逃したその裏、藤浪は先頭の井端をストレートの四球で出してしまう。谷繁が予想外のバスターを仕掛けてきたが、鳥谷がなんとか追いついて1塁アウトにした。バッターランナーが谷繁で助かった。
藤井のセカンドゴロで2死3塁となるが、大島もセカンドゴロに打ち取って、この回も無失点で切り抜けた。

藤浪は9回裏、先頭打者をまた四球で出してしまうが、後続を打ち取って9回2安打無失点で降板。藤浪、ナイスピッチング。

10回表の攻撃。俊介、大和が倒れて既にツーアウト。しかし、鳥谷が四球を選んで出塁し、2死ながら勝ち越しのランナーが出た。ここでこの日ノーヒットのマートンがレフトフェンス直撃のツーベース。鳥谷が1塁から一気に生還して、ようやく1点が入った。そして、この瞬間、藤浪に勝利投手の権利が発生した。

その裏のピッチャーは福原。先頭の平田をライトフライに打ち取るが、続く井端にヒットを許す。前日の事があるだけに不安が一杯。
しかし、谷繁を1塁ファールフライに打ち取ると、代打松井祐の時に1塁ランナー代走の岩崎恭がスタートを切った。これを藤井が刺してゲームセット。

惜しかったねえ。終盤のチャンスに1点でも取っていれば、藤浪に初完封が付いたのになあ。それでも9回を無失点に抑えたんやから、ほぼ完封勝利と言ってもええやろね。
これで藤浪はセリーグ5球団から勝利をマーク。高卒ルーキーの5球団からの勝利は松坂以来らしい。更にセリーグに限れば江夏以来46年振りの快挙。
それにしても、これからどんな大投手になるのか、末恐ろしいわ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック