マートン弾で連夜のサヨナラ勝ち!!

榎田が登録抹消。交流戦で登板機会がないのでファームで調整に入るらしい。いい休養にして、リーグ戦で再び頑張って貰いたい。
代わりに日高が登録された。捕手が手薄だったのでこれは助かる。終盤の代打起用もやりやすくなるやろね。

初回、西岡がヒットで出塁。大和が送りバント失敗でピッチャーフライになるが、牧田が1塁へ悪送球して西岡は2塁へ進む。すると鳥谷が、タイミングを外しに来たボールをうまく溜めてフルスイングし、ライトオーバーのツーベースで先制。
ラッキーな形で点が取れたが、得点はこの1点だけ。この後は牧田の術中に嵌まってしまい0行進が続く。

メッセンジャーはこの日もランナーを出しながら踏ん張るピッチング。4回に浅村にライトポール際へラッキーパンチを浴びて同点に追いつかれるものの、7回をこの1点だけに抑えた。
今シーズンはヒットに四球を絡められて失点というパターンが多かったが、四球が初回の1つだけだったのが幸いした。

8回は加藤。2死から栗山にセンター前に抜けそうな当たりを打たれたが、西岡が追いついて1塁ジャンピングスローでアウトにしてくれた。次はホームランを打っている浅村だったのでここは助かった。

一方、西武先発の牧田も初回の1失点だけで完投ペースの内容。
7回の2死2塁で檜山のピッチャーライナーは惜しかった。打球がもうちょっと上がってたら決勝タイムリーになったのになあ。
8回裏、1番から始まる攻撃も簡単に三者凡退に打ち取られてなす術なしといった感じ。

9回表のマウンドは休養十分の福原。浅村、ヘルマンからストレートで三振を奪いツーアウト。大崎にはヒットを打たれたが、続く山崎のバットをへし折り、サードゴロに仕留めた。

そして9回裏、バッターはマートンから。初球を空振りしたあとバットを交換に行った。どうもヒビがはいっていた様子。渡されたニューバットを断り、自分でバットをチョイス。この選択がよかったんやろなあ。2球目のスライダーを捉え、レフトスタンドへサヨナラホームラン。ホームで皆が出迎えて連夜の大騒ぎになった。

前日と同様に我慢して最少失点に抑えた投手陣あってのサヨナラ勝ちやね。

これで交流戦での貯金は1、ペナントレースの貯金は10になった。
交流戦は残り6試合。貯金を1つでも2つでも増やして終えて欲しい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック