メッセンジャー、無援護に泣く

ソフトバンクが今シーズンの交流戦優勝を決めた。安定した強さでセリーグ6球団に負け越しなし。まあ順当な結果に終わったかな。

木佐貫にサクサクと打ち取られて完封負け。ヒットは僅かに2本。あれだけのピッチングをされたらどうしようもない。
あまりにもあっさりと負けてしまったので書くネタもほとんどないわ。

ネタらしいものと言えば5回の新井。
ピッチャーゴロで1塁へ全力疾走したのはいいが、木佐貫が悪送球したのに気付かずにそのまま1塁を駆け抜けた。2塁まで進んでいたらその後の攻め方も変わってたのになあ。

メッセンジャーは、2回に中田に一発を浴びて先制を許すものの、6回まで4安打1失点。
打線がいつものように打ってくれれば勝ってもおかしくない内容だったが、こういう日に限って援護がない。いつもは点を取られても打線が取り返してくれてるんやけどね。
7回2死から3連打を浴びて2点目を失うと、8回には中田に2発目のホームランを浴びて撃沈。内容は悪くなかったのに残念な結果に終わった。去年までのボールやったら中田の2発は無かったかもなあ。

交流戦も後は楽天との2試合を残すだけ。甲子園では2連敗してるので、なんとか対戦成績をタイにして欲しい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック