球児が右肘靱帯断裂!(TOT)

球児が今季絶望…右肘靱帯断裂で修復手術へ  米大リーグ、カブスは29日、右前腕部の張りで故障者リスト(DL)入りしている藤川球児投手(32)が精密検査の結果、右肘靱帯が断裂しており修復手術を受けることになったと発表した。手術を受けた場合、通常は復帰まで1年以上かかるため今季の出場は絶望となった。(サンスポ) さあ、これから活躍と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拙攻で榎田を援護出来ずに連敗

久保が登録抹消。まあ、しっかりと再調整して来てもらいたい。ちょっと気になるのは、久保がクローザー=力勝負と考えている事。打たせて取るのを信条としていた久保が力勝負を挑むようになったことで、久保の長所が活かせなくなってるんやないやろか。 代わりに登録されたのは渡辺。これまでファームでの状況がそれほど報道されてないけど、十分な状態で上がっ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

逆転負けで金星を逃す

福留が左膝の半月板のクリーニング手術で全治3ヶ月以上との事。和田監督はシーズン終盤に戻ってこれる様な事を言っているが、治ってからのトレーニング期間を考えると今季は絶望的やろなあ。 開幕後の短い期間だったが、打撃での勝負強さだけでなく、守備走塁の面でも流石は福留と言うところを見せてくれた。年間通してチームに貢献できるように、しっかりと治…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

藤浪復活、4勝目!貯金10!

昭和の時代には数々の名勝負があったけど、今ではそんなのも無くなったなあ。並外れた潜在能力を持っている2人の対決は、見ていて楽しかった。 打線は武田勝の立ち上がりに襲いかかり、初回いきなりの6得点。 1死から大和が四球を選ぶと、鳥谷がヒットで繋ぐ。そこからマートン、新井、良太、浅井が揃ってライト前にタイムリー。どうやら右方向に打て…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

1球の判定で流れが変わってサヨナラ勝ち

白井さん、ありがとう。栗山監督はちょっと気の毒やったけど、[審判やめろ」は言うたらアカンで。それにしても、つくづく判定って大事やなと感じた。 能見は序盤3回までパーフェクトピッチング。最近では一番安定した立ち上がりを見せたが、4回以降は毎回ランナーを背負う内容。それでも失点は5回のスクイズの1点だけ。6回にも1死1・2塁のピンチを…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

前日の嫌なムードを吹き飛ばして快勝

メッセンジャーがハーラー単独トップの6勝目。調子はよくなかったが、打線の援護と守りに助けられた。 初回にマートンのタイムリーで1点先制。3回にもマートンのタイムリーで1点を追加すると、良太が満塁走者一掃のツーベースを放ち、序盤で5点のリードをつけた。 しかし、前日も同じような展開でリードを奪ったものの、榎田、鶴が打たれて追い…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

またも久保で逃げ切り失敗、負けに等しい引き分け

千葉マリンでのロッテ戦。2005年の悪夢とか鶴の∞とか、悪いことばかり思い出してしまう。この日の試合もまた嫌な記憶として残ってしまいそうな気がする。 先発榎田は2回に今江にヒットを打たれると、サブローにストレートの四球を与えて無死1・2塁。この後、送りバントで2・3塁に進められ、犠牲フライで先制を許す。 以前はランナーを出しても…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

スタンリッジ、エラーで崩壊

西武先発は菊池雄星。2年前の交流戦でプロの厳しさを教えた投手が、今やパリーグ防御率トップ。プロでやっていくのは難しいかなと思ってたが、いやあ立派に成長したなあ。二神と藤原ももっと頑張らなアカンで。 7番DHにコンラッドを起用。外国人投手との契約が大詰めという報道もあり、これが最後のテストになりそうやね。今は投手の補強の方が優先事項…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

エース対決の筈が乱打戦

WBC代表の能見と涌井の投げ合い。投手戦になるかと思いきや、共に不調で乱打戦になった。 能見は初回、浅村に先頭打者ホームランを打たれ、更に秋山のヒット、オーティーズのツーベースでいきなり2失点。 直後の攻撃で無死満塁のチャンスから藤井のタイムリーと涌井の暴投で同点に追いついてもらうものの、すぐさま片岡に一発を喰らうと、3回にも2…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

摂津を攻略して交流戦初勝利

強い浜風の影響でホームランの合戦になったものの、先手大量点のお陰で試合を有利に進めて勝利。ようやく交流戦白星となり、連敗を3でストップ。 初回、西岡が摂津の2球目を浜風に乗せて、レフトポール際へ先頭打者ホームラン。いつも迎える側の西岡、初めて皆に迎えられていつものパフォーマンス。 イニングはまだ始まったばかり。大和がおっつけ…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

拙攻×ホークスの堅い守り=敗戦

メジャー通算69セーブのアーズマを獲得することが決まったらしい。ようやくこれで球児の穴が埋まると喜んだが、経歴はすべて2011年に足の手術をする前の成績で、それ以降は結果を残せていないんだとか。冷静に考えると、そんないい選手がこの時期にFAになってる訳ないわな。 先発メッセンジャーは2回、無死2・3塁のピンチで山崎に三塁線を破るタ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

オリックスにまさかの連敗

突然のお誘いで仕事帰りに飲みに行ってたので試合は見れず。帰りがけに結果を見たら大差で負けていてショック。更に福原抹消のニュースを知り、ダブルショック。 榎田は、初回にバルディリスのソロ、ロッティーノのツーランで3点を失うと、3回にもイデホのツーランで5失点。4回裏の攻撃で代打を送られて降板。 4回を7安打5失点。四球が多いのを修…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

交流戦、完封負けでスタート

またもや初物を打てず。初物だけでなく、外国人投手、動くボールと打てない条件が揃っているうえに、リーグが違うからほとんど情報がないもんなあ。 オリックス先発ディクソンの前に7回まで僅か3安打。その3安打も序盤にポツポツと出たもので、中盤以降は完璧に抑え込まれた。 球筋を見極めているうちに追い込まれて、動くボールの餌食になったという…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

2008年以来の6連勝で貯金9

前カードの読売戦に続いてヤクルト戦も3タテを喰らわせ、これで6連勝。2008年以来ということは真弓監督以来、6連勝してなかったということ? そら低迷するわ。 藤浪が抹消されたことで、能見が中5日で登板。急に登板が決まった事が影響したのか、全般的にボールが高く、そこそこ打たれていた。それでも粘りのピッチングで7回まで犠牲フライの1点…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

鳥谷復活5打点、ヤクルトに打ち勝つ

藤浪が肩から腰にかけての張りを訴えて登録抹消。軽症なら1回登板回避して様子を見ればいいのに、1軍帯同のまま抹消というのが引っかかる。何事もなく最短で戻ってきてくれたらええねんけどなあ。 前回の登板でようやく今季初勝利を手にした岩田。なんとかあの1勝をきっかけに復調して貰いたかったが、またも期待を裏切ってしまった。 交流戦は先発5…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

メッセンジャー完封、自らのバットで試合を決める

坊っちゃんスタジアムと言えば、去年の松山の悲劇を思い出す。あれからズルズル行ってしもたんやったかなあ。嫌な負け方をしたらトラウマとか鬼門とかになってしまうので、先ずは先勝してよかった。 先発メッセンジャは前半毎回ランナーを背負ってのピッチング。マウンドが合わなかったのか頻繁に掘り返していた。4回まで無失点だったが、イライラしてるよ…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

檜山のヒットで試合を決める

足を痛めてから欠場を続けていた福留が結局抹消。戦力ダウンではあるが、代わりに上がって来た田上や、代役の伊藤隼が大きな仕事をしてくれたので、まあええか。福原と久保が打たれたけど檜山が打って3タテできたから、まあええか。 いつもは低めにボールを集める榎田だが、この日の榎田はボールが高めに浮いて危なっかしいピッチング。3回のピンチで日高…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

ホームラン攻勢で杉内を撃破

新井が3試合連続のホームラン。それも2連発。完全復活なのか、それとも遅めの春の珍事か。 読売先発は杉内。ヒットを打つのも難しく、ましてや連打で打ち崩すなんてほとんど不可能。数少ない失投を確実に捉えて一発で決めるくらいしか対策は無い。そうは言ってもなかなか実践できないことが、この日はしっかりと出来た。 3回、藤井がインハイのス…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

能見祭りで読売に先勝

能見と藤原を上げ、玉置と緒方を下げ。玉置はもうちょっと見たかったなあ。緒方を下げたのは福留の出場にめどが立ったからかな。 能見の立ち上がり。初回いきなりツーベースとヒットでピンチを作ると、ワイルドピッチで失点。2回に長野にバックスクリーンにソロホームランを打たれる。爪が治ってもまだまだ復活というのには遠いように見えた。 しかし、…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

久保連日の失点で3タテ逃す

勝ってくださいという流れが来てたのに、リリーフ陣の炎上で負け。配置転換を含めて、中継ぎ陣の役割分担を見直さなアカンのとちゃうか。 藤浪は7回を4安打3失点。4回までは満点のピッチングだったが、5回に1死2塁から森岡のタイムリー、中村のツーランで3点を失った。 うるさい1・2番、恐い3・4番はしっかりと抑えたのに、下位打線で失点し…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

終盤追い上げられて辛くも逃げ切り

前日の試合で足を痛めた福留が欠場。試合前に室内練習場で打撃練習をしていたらしいので、それほど重いケガではないんやろうと思う。それより深刻なのは秋山の状態。広島戦で走塁中に足がつったと言ってたのが、右太もも裏の筋挫傷だったことが判明。これは時間がかかるやろなあ。 先発は2軍調整から復帰したばかりの岩田。大量得点の翌日であり、相手先発…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

ウル虎ユニで猛打爆発!

夏休み用の限定ユニのお披露目。巨人の星で花形満が着ていたような、右胸にHTマークのシンプルなユニ。これがいい気分転換になったのか、この日は打線が大爆発して圧勝した。 メッセンジャーは初回、比屋根に四球を与えると盗塁を決められ、ミレッジのタイムリーであっさりと先制を許す。 どうも自分の思ったところへボールが行ってくれないような感じ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

マエケン打てず完敗

広島先発は前田健太。本来なら5/3に復帰予定だったのが、大竹が背中の張りを訴えて登板を回避したので前倒しで登板が決まった。予定通り巨人戦で投げとけばよかったのに。 榎田は1回、2回と広島打線をパーフェクトに抑える素晴らしい立ち上がりを見せる。 ところが、3回に8番の石原を四球で出すと、送りバントとヒット、更に四球で2死満塁のピン…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

今季最高の11得点で勝利

前日好投した秋山は結局フォーム落ち。来週、能見が戻ってくるかららしいが、中継ぎで起用するということを考えんかったんやろかな。 2回に良太のツーランホームランで先制。低めのボールをしっかりと引きつけて右方向への一発。 3回にはマートンのタイムリー、5回にはマートンのスリーランと相手エラーで追加点をあげ、前半だけで7-0と大量リード…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more