終盤追い上げられて辛くも逃げ切り

前日の試合で足を痛めた福留が欠場。試合前に室内練習場で打撃練習をしていたらしいので、それほど重いケガではないんやろうと思う。それより深刻なのは秋山の状態。広島戦で走塁中に足がつったと言ってたのが、右太もも裏の筋挫傷だったことが判明。これは時間がかかるやろなあ。

先発は2軍調整から復帰したばかりの岩田。大量得点の翌日であり、相手先発が公式戦で初めて対戦する小川と、無援護となる条件が揃ってる。なおかつ、交互に勝ち負けを繰り返して居て、この日は負けの順番。おまけに土曜日は異様に勝率が低いという、復帰登板には最悪の条件だった。

岩田の課題の立ち上がり、先頭の比屋根をサードゴロに打ち取ったものの、良太が前にこぼして1塁セーフ。良太よ、ちゃんと守ったれ。
田中の送りバントで2塁へ進められると、ミレッジには1・2塁間を破られて1・3塁となって、バレンティン、畠山を迎える。
復帰早々の試練。どうもガタガタとなってしまいそうな雰囲気がしていた。
しかし、ここはバレンティンを1塁ファールフライ、畠山をショートゴロに打ち取ってピンチを切り抜けた。
日高のリードのお陰、ミレッジのヒットで比屋根を3塁で止めてくれたヤクルトベンチのお陰やね。

その裏、先頭西岡がヒットで出塁。大和は送りバントを失敗し、ランナーが入替わる。ここから小川攻略作戦が始動。
鳥谷の打席で大和がセカンド盗塁を決める。鳥谷のセンター前ヒットで1・3塁とすると、鳥谷もセカンド盗塁を決めて小川にプレッシャーを与える。オープン戦で対決した時のデータを利用しての見事な作戦。
すると、マートンがインコースの球をコンパクトに振り抜いて、レフトスタンドへ技ありのホームラン。

攻撃はまだまだ続き、良太が右中間を深々と破るツーベース、新井は四球を選らんで1・2塁。伊藤隼はファーストゴロ。畠山がゲッツー狙いでセカンドへ送球すると、そのボールが新井のヘルメットに当たり、その間に良太がホームイン。
続く日高はライト前ヒット。バレンティンがもたつく間に伊藤隼まで還って、この回6点のビッグイニングとなった。

色んな打てない条件が重なっていたのを打ち破っての初回大量点。これでジンクスともおさらばかに見えたが、意外とジンクスは強かった。
2回以降も毎回得点圏にランナーを進めるものの、あと一本が出ない。制球が定まらない小川をKOするところまでは行かなかった。

4回までヤクルト打線を2安打に抑えていた岩田だったが、5回にヒット3本で満塁にされると田中浩の犠牲フライで1点を取られる。なおも2死1・3塁の場面でミレッジをセンターフライに打ち取って1点止まりに抑えた。
ここもヤクルトの走塁に助けられた感がある。1死1・2塁で比屋根のレフト前ヒットで二走の森岡が3塁へ止まってくれた。6点差がある中、1点と引き替えにアウトを取れたことで岩田が落ち着いたんやろね。

6回には先頭のバレンティンにバックスクリーンへホームランを打たれて2失点目。ど真ん中に投げたらそら打たれるわ。
続く畠山にもヒットを打たれ、そろそろ限界かと思われたが、宮本をサードゴロゲッツーに仕留めると、森岡はセカンドライナーに打ち取ってこのイニングで降板。

結果だけ見ると6回2失点なので責任は果たしたと言えるが、内容はまだまだ不満。相手の淡白な攻撃に助けられた感じがする。

打線は6回にようやく追加点を上げる。
先頭の西岡が日米通算1000本安打となるスリーベースを放つと、大和のタイムリーツーベースで再び点差を5点にする。しかし、クリーンアップが相次いで倒れて1点で終わる。

7回のマウンドは安藤。
田中雅のヒット、比屋根のツーベースで1死2・3塁のピンチを招くと、田中浩にタイムリーを打たれて2点を取られる。
この後ミレッジに四球を与えて1・2塁となって、バッターはバレンティン。5点差あったのに1打同点のところまで追い詰められた。
しかし、ここは安藤が踏ん張って、バレンティンをフォークボールで三振に取ると、畠山はピッチャーゴロに抑えて、何とか追加点を許さなかった。

8回、福原は2本のヒットで2死1・3塁とされるが、比屋根をセカンドフライに打ち取って、3点差で久保に繋ぐ。

久保は田中浩を三振、ミレッジをセカンドフライに打ち取って、簡単にツーアウトを取る。
あと一人となって、バレンティンの当たりはライトフライ。これを伊藤隼がスライディングキャッチを試みるも、グラブで弾いてツーベースにしてしまう。ギャンブルかける場面ではないんやけどなあ。
ここで代打岩村にホームランを打たれ、1点差に迫られる。よくもまあ、6回に追加点が取れてた事や。
ランナーが居なくなり、宮本をピッチャーゴロに打ち取って、ようやく逃げ切った。

OLD DUSTERSも疲れが見え始めてるかな。7回の時点で5点差あったんやから、あの場面は鶴でもよかったんちゃうかな。そんなに首脳陣の信頼が無いんか。

2回以降の得点力不足は福留が居なかったことも原因かも。ここぞの場面で相手ピッチャーに与えるプレッシャーが違うと思う。

楽勝だった試合を後半追い上げられたのはまずかったかもなあ。これでヤクルトが息を吹き返すかもしれん。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック