交流戦、完封負けでスタート

またもや初物を打てず。初物だけでなく、外国人投手、動くボールと打てない条件が揃っているうえに、リーグが違うからほとんど情報がないもんなあ。

オリックス先発ディクソンの前に7回まで僅か3安打。その3安打も序盤にポツポツと出たもので、中盤以降は完璧に抑え込まれた。
球筋を見極めているうちに追い込まれて、動くボールの餌食になったという感じ。まともに捉えたのは2回の伊藤隼のセンターフェンスを直撃した当たりだけやったんちゃうかな。
クリーンアップに加え、神憑ってる新井もノーヒットに抑えられたら流石に点は入らんわな。

8回になってピッチャーが佐藤達に代わり、打順は1番から。さあ、これから反撃と思ったが、ここも3人で抑えられて何事も起こらず。
9回も平野佳の前にマートン、良太が倒れてツーアウト。新井が意地を見せてヒットで出塁し、代走に田上を起用。しかし、田上が何か仕掛ける前に、代打桧山が初球をレフトに打ち上げてしまった。

先発スタンリッジはあまり調子が良くなかったようで、毎回ランナーを背負うピッチングだった。それでも連打は許さず、オリックス打線を0に抑えていた。
しかし、5回に坂口に失投を捉えられてライトポール際へホームランを打たれ、これが決勝点になってしまった。
スタンリッジは7回を6安打1失点。悪いなりに踏ん張ってゲームメイクしたんやけどなあ。

8回のマウンドは福原。先頭の川端をショートゴロに打ち取るものの、バルディリスにはボールがすっぽ抜けて死球を当ててしまう。続くイデホにヒットを打たれて1死1・2塁となったところで代打糸井がコールされた。
ここでピッチャーを福原から加藤にスイッチ。加藤は糸井をセンターフライ、後藤をセカンドゴロに打ち取ってピンチを切り抜けた。
見どころがあまり無かった試合だったが、この場面だけはちょっと興味深かった。
交流戦は移動距離は増えるものの、日程的には楽になるので、こういった投手起用も増えそうな感じやね。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 【阪神】2013交流戦、黒星スタート

    Excerpt: (甲子園) オリックス000 010 000=1 阪   神000 000 000=0 <投手> (オ)ディクソン-佐藤達-平野佳 (神)スタンリッジ-福原-加藤-筒井 ○ディクソン4勝1敗 S平.. Weblog: FUKUHIROのブログ・其の参 racked: 2013-05-15 19:05
  • 無用の気遣い ~5月14日・対オリックス1回戦~

    Excerpt: 一昨日までで五月に入って からの合計得点が59点。 Weblog: 貮×貮+壹 racked: 2013-05-15 23:49