ミスで勝ち試合を落とす

爪が割れて養生中の能見に代わって秋山が登板。想像以上のピッチングを見せてくれた。勝たしてやりたかったなあ。 秋山は初回、菊池に挨拶代わりのホームランを打たれて先制を許す。やや不安な立ち上がりだったが、それでもこの日は打線がセンター中心のバッティングで見事にバリントンを攻略し、秋山を援護した。 2回、マートンの内野安打を皮切り…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

あーあ、やんなっちゃた、あーあ、驚いた

ウクレレ漫談家の牧伸二さんが死亡 自殺の可能性  29日午前0時15分ごろ、東京都大田区田園調布本町32の多摩川に架かる丸子橋で「男性が欄干から飛び降りた」と、目撃した通行人が近くの交番に届けた。警視庁田園調布署員が川に浮かんだ男性を発見、ウクレレ漫談で知られる芸人牧伸二=本名・大井守常=さん(78)と確認。牧さんは病院に運ばれたが間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤浪、史上初の高卒ルーキー4月3勝

小嶋がファーム落ちして玉置が再び上がって来た。今度こそは登板機会を与えてやって欲しい。ただ、玉置が投げるのは試合展開が苦しいときになるやろから、痛し痒しなんやけどね。 先発藤浪は初回先頭バッターにヒットを打たれるものの、ゲッツーで切り抜けて無難な立ち上がりを見せる。 すると、2回にマートンのツーベース、福留のセンターバックスクリ…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

小嶋2回KO、打線も沈黙

前回登板したヤクルト戦では見違えるようなピッチングを見せた小嶋だったが、この日はまた元の小鳥に戻ってしまった。 立ち上がり、テンポ良く2つアウトを取ったまではよかったが、続く井手のセカンド内野安打で何かが狂った。 外野に抜けそうな当たりに西岡がなんとか追いついたものの、1塁送球がワンバウンドになって新井が捕れず。タイミング的には…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

楽勝一転、やや不安な勝利

久しぶりの打線爆発。まるで中日戦の鬱憤晴らしをしているような試合やった。 3回、藤井ヒット、西岡四球で1・2塁とすると、大和の3塁線へのヒット、鳥谷の内野ゴロで2点を先制。中日戦と違って、あっさりと点が入ったのは横浜球場やからか? メッセンジャーは1回、2回と無難な立ち上がりを見せるものの、味方が先制した直後の3回、試合の流…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

1点が遠かった

最終回は完全に流れがこっちに来てたのになあ。相手の堅い守りに阻まれたというより、ナゴドの重苦しい雰囲気に田上が飲まれたような感じやな。 榎田は6回を1安打ピッチング。ヒットを1本しか打たれなかったものの、8四死球の大荒れのピッチングで自滅した。 5回1死からピッチャーの岩田を四球で歩かせてしまうと、大島のショートゴロでランナーが…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

今季ナゴヤドームで初白星

ナゴド名物、点取れない地獄。この日はドラゴンズの方がこれにはまった。それにしても、よくもまあ2桁安打も打たれて0点に抑えたもんや。 初回、先頭西岡がヒットで出塁すると、すかさず2盗を決める。中日先発カブレラがクイックで投げられないところを突いた作戦はお見事。大和が送って1死3塁。鳥谷はショートゴロに倒れるものの、マートンが三塁前の…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

魔窟ナゴドで惨敗

この9連戦を前にコンラッドが2軍落ち。ファーム戦に出場したが3タコ1エラーと精彩を欠く内容。このまま消えて言ってしまうんかなあ。プレースタイルは嫌いやないので頑張って這い上がって来て欲しい。 福留の加入でナゴドの点が取れない地獄から解放されるかと思ったら、点を取られる地獄になってしもた。 改めて試合を振り返る気がしないので簡単に…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

新井お目覚め、藤浪の2勝目をサポート

新井が今季初めて得点に絡んだ。チャンスに弱いというイメージが染みついていたが、ようやくその呪縛から解けてくれた。これがずっと続いてくれたらええねんけどなあ。 藤浪は本当にルーキーなのかと思うようなピッチングをしてくれる。実戦を経験する度に課題が出て、次の登板ではその課題をを修正してくる。こんな新人、これまで見たことがない。 この…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

最高のバースデープレゼント

やったー! バースに会ったぞー! サイン貰ったぞー! 一緒に写真撮ったぞ-! バースが堺のスーパーにやって来た。なんでこんなところへと思っていたが、自分のブランドのビーフジャーキーの販促と聞いて納得。それでも、せいぜいトークショーやって、ビーフジャーキーを買った人にサイン色紙を手渡す程度やろなあと思っていた。 場所は南海堺駅横の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小嶋、7回1安打ピッチングで555日ぶりの勝ち星

岩田の代わってローテに抜擢された小嶋がまさかの好投で今季初勝利。チームも3連勝で貯金が2になった。 立ち上がりに先頭バッターのミレッジに四球を与え、送りバントとワイルドピッチで2死3塁。ここはバレンティンをショートゴロに打ち取って事なきを得たが、逆玉も多かったし、高めにコントロールミスしたボールもあった。 久保コーチの指導でフォ…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

福留のグランドスラムでサヨナラ勝ち

長い試合を最後まで見ていたファンへのお礼の一発やったね。特に寒い中、球場で観戦していた人にはいいお土産になったやろね。 試合中盤まではメッセンジャーとロマンの投手戦。1点で勝負が決まる試合になりそうな雰囲気だった。 6回、ミレッジにこの日3本目のヒットを打たれ、バッターは川島。エンドランを読み切って外したものの、ミレッジに盗塁を…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

マートン5打点、榎田好投で読売の連勝をストップ

福留、新井の打順を元に戻し、コンラッドを外して7番にサード坂を起用。すると打線が繋がる繋がる…って、そんなアホな。対戦カードの途中でコンラッドを外したことで、打線に喝が入ったんかな。 なかなか調子が上がってこなかった鳥谷が3安打1四球の1打点。塁に出ると福留が、マートンが必ず返してくれて4得点。鳥谷が打つとてきめんに得点力が上がる…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

スタンリッジ、ドームランに沈む

大幅な打線の改造を行うと思ったら、福留と新井を入れ替えただけ。コンラッドがそのままということは、良太がサードを守れるまでは治ってないということなんかな。 スタンリッジは7安打4失点。打たれたヒットのうち3本がソロホームラン。村田の2発は東京ドームでなければ普通の外野フライやったやろなあ。阿部に打たれた球は高めのボール球。あんなん普…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

能見被弾、東京ドームでしっぺ返しを喰らう

江夏以来の読売戦2試合連続完封なるかと試合前は盛り上がってたが、そう簡単には行かんということやね。 能見は初回を3人で抑え、無失点イニングが何イニング続くかと思われたが、2回に突如崩れ出す。 ロペスのツーベース、ボウカーのヒットを打たれると、村田には四球を与えて1死満塁。ここは大田をサードゴロ、宮国を三振に打ち取ってピンチを切り…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

4/3 阪神vs中日の写真

岩田と入替で上がって来た玉置が、たった1日でファームへ逆戻り。良太を上げるためにしかたないんやろうけど、いつもこういう扱いをされてないか。 それでは、4/3の中日戦の写真。当然ながら、負け試合なのであまりいいシーンはない。 先発はスタンリッジ。3回まで中日打線をノーヒットに抑える。 4回裏、中日バッテリーが突然乱れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤浪、プロ初勝利!

藤浪が番長三浦と投げ合って、見事に投げ勝った。テレビの中継を見ていて、ヒマなのになぜ甲子園に行かなかったのかと凄く後悔した。生で見たかったなあ。 この日の藤浪、これまでと違って安定したピッチングだった。。課題のコントロールもこの試合では5回に1つ出しただけ。調子があまりよくなかったらしいが、それでこれだけのピッチングが出来るという…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

岩田、初回6失点で無失点イニングも連勝も止まる

無失点イニング記録なんかピッチャーのプレッシャーになるだけやから止めてしまった方がいいと思ってはいたが、6点は取られ過ぎ。 岩田の立ち上がり、先頭の今村にヒットで出塁されると、送りバントで2塁に進められ、多村のピッチャー返しがセンター前に抜けてあっさりと失点。捕れなかったのかそれとも後ろに任せたのか分からないが、それほど強い打球で…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

メッセンジャー4安打完封、球団史上初の4戦連続完封

引き分けを挟む3連勝で、開幕戦以来の貯金1。打線の援護が期待できない中、投手陣がよう頑張ってるわ。 メッセンジャーが散発4安打無四球の完封勝利。本来のキレはなかったらしいが、それでもこれだけしっかりと抑えられるというのは凄いわ。ワンチャンスでひっくり返される程度の援護しかなかったけど、安心して見ていられた。 前回の登板で2回5失…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

初物づくしで5割復帰

榎田が先発初勝利、久保が初セーブ、そして今季初のカード勝ち越し。それも読売を3試合連続完封してやから、たまりまへんなあ。そうそう、甲子園での同一カード3試合連続完封は史上初だとか。ますますめでたい。 榎田が許したヒットは僅かに2本。初回先頭の長野と、8回に交代する1つ手前の實松だけ。その間は振り逃げと四球のランナー2人だけのほぼ完…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

投打かみ合わず、延長12回スコアレスドロー

ピッチャーの調子がいいときは、決まって点が取れんなあ。 スタンリッジが7回を4安打無失点の好投。前日の能見に続いて読売打線をしっかりと抑えた。 ピンチと言えば初回と3回喰らい。初回は長野のヒット、坂本ツーベースで1死2・3塁とされるが、阿部を三振、村田をライトフライに打ち取った。3回には1死から長野、脇谷に連続四球を与えてしまう…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

エースと4番の活躍で読売の連勝をストップ

非常にテンポのいい試合展開で試合が終わったのは8時半ごろ。翌日仕事でもこんな時間に終わってくれたら楽でいい。それにしても球場は寒かったなあ。 今日は能見のピッチングに尽きる。球数108球、好調の巨人打線を5安打仁抑え、無四球10奪三振の見事なピッチングで完封。 中日戦で投げたときは、まだボールの違いがしっくり来てないんちゃうかと…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

新クリーンアップ機能せず

良太の代わりに上がって来たのは歳内。そうか、この前延長で投手が足らんかったので中継ぎを補充したか。そう思ってたら、この試合の翌日に鶴がファームに落ちた。何をしたいのか、ようわからんわ。 良太に代わって4番にマートン、6番にファースト新井。この打線が見事に失敗。あわや今季4度目の完封負けを喰らうところだった。 ヒットはわずか4本。…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

4/2 阪神vs中日の写真

良太が結局登録抹消。去年の藤井がそうだったように、完治しないまま上がって来ても、すぐに再発してしまうで。あせらんでええから、しっかりと治しといでや。 それでは、4/2の京セラドーム大阪での阪神vs中日の写真。 神宮まで見に行けなかったファンにとってはこれが実質的な開幕試合。ドアラも遠征してきてお祭りムード。 先発は能見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クローザー久保が4イニングの力投、福留のホームランで死闘を制す

いきなり大量リードを許してしまい、まさかこの後バカ試合になるんやないかと思ってたら、やっぱりそうなったか。それにしても延長戦を考えた采配が必要やね。クローザーに4イニングも投げさせたらアカンて。 先発メッセンジャーは初回先頭バッターの菊池をヒットで出すと、丸、ルイスに初球を打たれて、あっという間に2点失う。その後も犠牲フライで1点…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

榎田にも無援護の洗礼、守りにも足を引っ張られて敗戦投手に

またも守りのミスでピッチャーの足を引っ張った。2日連続でサードのエラーで連敗。塩まいとけ、塩を! 今シーズンから先発に転向した榎田。入団当時から先発で投げて欲しいと思っていたが、実際に先発転向が決まってみるとスタミナは大丈夫なのか、手術の影響はないのかと心配な事だらけ。しかし、そんな不安を吹き飛ばすような素晴らしいピッチングを見せ…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

切り込み隊長不在、守りのミスもあって惨敗

1番セカンドは荒木。前日のヒーローを出さんてどういうことよと思ってたら、どうも西岡が腰の張りで大事を取ったらしい。前日のサヨナラで気をよくして、新地かどっかで羽目を外し過ぎたか? 西岡が居ないことで、阪神打線は昨年と同様の得点力も粘りもないチームに戻ってしまったかのようだった。終盤になってようやく福留が一矢を報いただけ。 4…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

西岡サヨナラ打、福留も激走2得点

この日は奮発して内野指定で観戦。試合開始後30分ぐらいに球場入りしたら既に満員。先着プレゼントもらえんかった。 あまり時間が無いので今日はさらっと。 能見は7回を6安打3失点。三振も5つしか奪えず。まだまだ本調子やない見たいだったが、本人はいい感触を掴んだ見たいやね。次の試合では能見らしく三振の山を築いてもらいましょ。 同…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

岩田に続いて藤浪も無援護の洗礼

藤浪のデビュー戦の結果は6回を3安打2失点で負け投手になった。それでも、三振を7つ奪う力投で、高卒ルーキーの初陣としては十分な内容。今後の活躍を期待できるものだった。 2失点の内容だが、1点目は初回にエラー絡みで入れられたもの。先頭バッター田中浩のファーストゴロを良太がグラブからこぼして出塁されると、四球と犠牲フライで3塁に進まれ…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more