藤浪、史上初の高卒ルーキー4月3勝

小嶋がファーム落ちして玉置が再び上がって来た。今度こそは登板機会を与えてやって欲しい。ただ、玉置が投げるのは試合展開が苦しいときになるやろから、痛し痒しなんやけどね。

先発藤浪は初回先頭バッターにヒットを打たれるものの、ゲッツーで切り抜けて無難な立ち上がりを見せる。
すると、2回にマートンのツーベース、福留のセンターバックスクリーン右へのホームラン。更に、新井兄弟の連続ヒットで3点を先制してもらう。

ところがその裏、簡単にツーアウトを取った後、金城の1・2塁間を破りそうなゴロに西岡が追いつくものの、1塁送球が逸れて内野安打になると、松本にライトへホームランを打たれて1点差に迫られる。
前日、同じような内野安打から小嶋が崩れたのとよく似た流れ。せっかくヒット性の当たりを抑えても、送球がそれたら意味が無い。西岡の守備は上手いと思うが、去年までの平野と比べると確実性が低いように思う。1塁もブラゼルと違うしなあ。

3回には四球とヒットで1死1・3塁と攻められると、井手の犠牲フライでとうとう同点に追いつかれる。
この日の藤浪は球速がそれほど出てなかった。スポーツ紙を読むと、本調子でなかったらしい。キレもあまりなかったんやろね。それでも新人らしからぬ修正能力で、4回以降はカットボール中心の配球に変え、逆転を許さなかった。

6回表、新井兄弟の連打で1死1・3塁とすると、藤井がレフトへ犠牲フライを打って勝ち越し。バッティング好調の藤井、完璧に捉えたいい当たりやった。
続く藤浪は右中間を破るツーベース。これがプロ初ヒット。ツーアウトやったのに、なぜ良太が3塁で止まってんねん。まだ足の状態が完全やないんかな。西岡が倒れて、残念ながらこの回1点止まり。

直後のDeNAの攻撃。先頭の井手に四球を与えて、無死1塁でバッターはブランコ。ここまで藤井の巧みな配球で2打席1塁ファールフライに抑えてきた。しかし、初球が甘く入ったところを完璧に捉えられ、レフトへ弾丸ライナーが飛ぶ。一瞬ヒヤッとしたが、マートンが辛うじてキャッチして事なきを得た。あの打球のスピードは凄かった。守備位置が少しでも違ったらそのままダイレクトにフェンスに当たってたやろなあ。

この後、中村紀をサードゴロゲッツーに打ち取って、6回96球で降板。プロ初被弾も浴びて3失点。でも、本調子でなくて6回3失点は悪くない。前日9点取ったDeNA打線の勢いを止めて、しっかりとゲームメークした。

7回の安藤はピッチャー強襲ヒットと死球で1死1・2塁とされるが、代打ラミレスをキャッチャーファールフライに打ち取ると、石川はレフトフライに抑えて1点差を守る。

8回は福原。1死1塁でブランコを迎える。アウトハイのストレートでファールを打たせて追い込むと、真ん中高めのストレートで3球三振に打ち取った。球児ばりの高めストレートでの三振はお見事。
続く中村紀にはヒットを打たれるが、金城を打ち取ってこのイニングも0に抑える。

7回、8回と0には抑えたが、まだまだDeNA打線も諦めておらず、1点差では不安だったが、9回表に待望の追加点が入る。
先頭の代打今成がレフト線のツーベースで出塁すると、西岡の進塁打で3塁へ進む。
すると大和が叩きつけるバッティングで、打球は内野の頭を越えてセンター前に転がる。セカンドから今成が生還してダメ押し点が入った。
西岡も大和も、何としても今成を還すという気持ちが入ったバッティングやった。

9回裏、久保が無難に締めて接戦をものにした。

高卒ルーキーの4月3勝はドラフトが始まって以来の記録らしい。これで月間MVPの芽が出てきた。成績だけで決まる訳ではないが、今のところ4月に3勝しているピッチャーの中では防御率トップなので可能性は高い。。
この成績を抜きそうなのは次の対戦相手のバリントンだけ。2点以内に抑えられて完投されると抜かれてしまうことになる。
何とか打線が奮起して藤浪の月間MVPをアシストしてやって欲しい。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック