小嶋、7回1安打ピッチングで555日ぶりの勝ち星

岩田の代わってローテに抜擢された小嶋がまさかの好投で今季初勝利。チームも3連勝で貯金が2になった。

立ち上がりに先頭バッターのミレッジに四球を与え、送りバントとワイルドピッチで2死3塁。ここはバレンティンをショートゴロに打ち取って事なきを得たが、逆玉も多かったし、高めにコントロールミスしたボールもあった。
久保コーチの指導でフォームを変えて安定したと、スポーツ紙に書いてあったが、そんなに変わってないという印象。

2回は三者凡退で終わらせ、3回も簡単にツーアウトを取るが、ミレッジにストレートの四球を与えてしまう。ここも川島をショートゴロに打ち取って終わらせたが、好投しはているものの、やや不安は残る。

ところが、そんな不安もどこ吹く風とばかりに、その後もこんな感じで投げ続け、意外にも6回終わったところで未だノーヒット。四球を連発することなく、後続をしっかりと打ち取っていく。

7回表、先頭のバレンティンにこの試合初めてのヒットを打たれると、続く畠山には2球連続ボール。3球目、ストレートがど真ん中に入ったところを畠山が捉える。一瞬ヒヤッとしたが、意外と打球は伸びず左中間のフライ、大和が捕ってワンアウト。
飯原も打ち取ってツーアウトにこぎつけるが、田中浩にはストライクが入らず歩かせてしまい、2死1・2塁で代打岩村。
岩村にもボール先行で苦しいピッチングだったが、3-1となってからスライダーを3球続け、岩村の裏をかいてファーストゴロに打ち取った。

小嶋は結局7回を1安打無失点の好投。ここまでのピッチングをしてくれるとは思ってもみなかった。
課題だったコントロールはかなり改善されたように思う。球威も増したのか、少々甘くなっても打ち取っているので、フォーム改造は効果があったんやないかな。
ただ、チキンハートな部分はまだまだ鍛える必要があるかなあ。この日出した四球は4つ。ミレッジと田中浩に2つずつ。このうち初回のミレッジへの四球以外はストライクが入らなくなってのもの。気持ちが逃げているように見えた。
それと、7回の岩村との対戦。内角のリードに対して球が外へ流れていて、小宮山が腕を振れという仕草をしていた。
とはいえ、1点もやれない緊張感の中でよく投げたと思う。
1つ課題がクリアできたので、今度は次の課題に取り組んで欲しい。

8回は福原、9回は久保がしっかりと抑えて完封リレーを完成。今年の投手陣、甲子園では無敵やなあ。

打線は初回に鳥谷のタイムリーで1点入れただけ。相手先発が左の石川だったので、7番サードに良太を起用したが不発。
もっと小嶋を楽にしたれよと思ったが、結果的に小嶋がこの修行を無事に乗り越えることになった。
まさか次の試合で藤浪にも修行させるつもりやないやろね。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック