マートン5打点、榎田好投で読売の連勝をストップ

福留、新井の打順を元に戻し、コンラッドを外して7番にサード坂を起用。すると打線が繋がる繋がる…って、そんなアホな。対戦カードの途中でコンラッドを外したことで、打線に喝が入ったんかな。

なかなか調子が上がってこなかった鳥谷が3安打1四球の1打点。塁に出ると福留が、マートンが必ず返してくれて4得点。鳥谷が打つとてきめんに得点力が上がる。これをきっかけに調子を上げて欲しい。

マートンは連日の猛打賞。ホームランと2本のツーベースで5打点の大活躍。見事な4番の働き、ほんまに頼もしいわ。良太が完全復活したときに4番をどうするか悩むとこやね。

福留は初回のタイムリーだけだったが、いつもの1点止まりを解消し、流れを作る貴重なヒットだった。
新井も得点には絡まんかったが2安打。そして、1週間振りのスタメン出場の日高がホームランを含む2安打と下位打線も元気。

これだけ一方的に勝ったのは今シーズン初。ちょっとしたことで打ち始めるんよなあ。ここまでの成績は打てないまま、マンネリ化していたからとちゃうか。和田監督、スパイスって新しい戦力の事やのうて、ベンチの采配の事とちゃいますか。

榎田はこれまでの2試合に引けを取らない素晴らしいピッチング。京セラドーム、甲子園、東京ドームと球場が変わってもコンスタントに抑えられるというのは素晴らしい。
この日は調子があまり良くなかったらしいが、それでも低めへの意識をしっかりと持ち、7回2/3を1失点に抑える好投で2勝目。
3回まではノーヒットピッチング。4回にピンチを迎えるものの坂のファインプレーで乗り切ると、その後は危なげないピッチングで終盤まで0で抑えた。
8回に村田にタイムリーを打たれ、今季初の自責点が付いたところで降板。調子が悪くてこれだけ投げられたら十分。
この試合で防御率0.385となって、マエケンを抜いてトップに立った。

この後、安藤が大田を打ち取ってこのイニングを終わらせると、9回は今日登録されたばかりの筒井の試運転。きっちりと3人で片付けて、元気なところを見せてくれた。これで中継ぎの一角が充実した。あとは渡辺の復帰を待つのみ。

勝敗表を改めて見ると、今シーズンの巨人の負けは3つだけ。ウチしか勝ってなかったんか。セ・リーグのためにも頑張ってウサギ退治してもらわなアカンなあ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック