侍ジャパン、3連覇ならず

大会が始まった頃は大半の選手が調子を落としていて、一部の選手は身体の違和感を訴えているという最悪の状態だった。予選ラウンドで終わってしまうかもと思ってたのが、底力を見せて見事決勝ラウンド行きを決めてくれた。日本代表の皆さん、本当にお疲れさまでした。

マエケンの立ち上がり、2つの四球とヒットであっさりと先制を許す。メジャーの審判って外角は広い筈なのに、どうも判定が辛かったように思う。しかし、取られたのはその1点だけ。2回以降は安定したピッチングで、しっかりとゲームを作った。。球数が多く、5回で降板したのがちょっと残念。

6回は能見がマウンドへ。このイニングは無難に抑えたものの、7回に先頭バッターをヒットで出すと、続くバッターにレフトへ大きな一発を喰らってしまった。痛恨のコントロールミス。阪神ファンとしては見ていて辛かった。でも、能見本人の方がもっと辛いし、悔しかった筈。

打線は相手先発をまったく打てず。5回にようやくスコアリングポジションにランナーを進めることができたが、後続が続かず無得点。
6回には2死から内川のスリーベースでチャンスを作るものの、続く阿部が凡退し0が続く。

8回、1死から鳥谷が右中間を破るスリーベースを放ち、井端のタイムリーでようやく1点を返す。更に内川もヒットを打って1死1・2塁となりチャンスが広がった。
しかし、阿部の打席で二走の井端がスタートを切りかけてやめたが、一走の内川はそのまま2塁へ一目散に走る。2塁手前で井端が居るのに気がついて止まったが、もうどうしようもない。この後阿部が凡退してこの回1点だけに終わった。

単に内川のボーンヘッドやったんやろか。緒方Cは井端だけでなく、内川にもサインの確認をしてたんやろか。ここでこんなリスクの高い采配はどうやったんやろか。
確かに誰かのミスなんやろと思うが、そもそもこの場面でハイリスクな作戦を選択せざるを得ない状況まで追い込まれてたという背景がある。
予選ラウンドでも苦戦した試合があったが、何かのきっかけがあれば、それを足がかりにして勝ってきた。閉塞感が漂う試合、何度もチャンスはないと言う読みから、このプレーで流れを作って、一気に同点、逆転を狙ったんだと思う。安全確実な作戦では何も出来ずにそのまま負けていた可能性が高い。勝負を賭けに行ってそれに負けたというだけの事。

スポーツ紙では戦犯捜しが始まっているが、内川をGG佐藤のようにしたらアカン。山本監督を北京の時の星野さんのようにしたらアカン。
今大会は海外組が参加しなかったし、それ以前に選手会が参加するかどうかのゴタゴタもあった。今回の侍は大丈夫かと言われながらもここまでよく頑張ったし、楽しませてくれた。侍ジャパン、本当にありがとう。

さあ、日本は負けたけどWBCが終わった訳ではない。TVの中継があるのかどうかは知らないが、決勝は是非見たいと思う。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック