理想的な攻撃で逆転勝ちなんやけど…

金本が5番レフトで先発。なんで今更先発と思ったけど、営業サイドから日曜日は金本デーとのお達しが出てるんかな。

先発はメッセンジャー。前日にナイターと間違えて大遅刻して、その汚名返上のマウンド。
4回に大島、荒木の連打から、ブランコのサードゴロと井端のタイムリーで2点を失うが、それ以外はいつも通りの安定したピッチイングを見せてくれた。
6回の無死1・2塁のピンチも井端を三振に取ると、森野も三振に仕留め。スタートを切っていた二走堂上剛を藤井が3塁で刺して切り抜けた。

打線は先制された直後の4回裏、先頭の鳥谷がライトへソロホームランを打って点差を1点に縮める。
6回のピンチを免れた直後には大和、鳥谷の連打で1・3塁とすると、良太のタイムリーで同点に追いつく。右方向への当たり損ないのゴロだったが、鳥谷がスタートを切っていたことで1・2塁間が大きく空いたのが幸いした。
期待の金本は1塁ゴロ。完璧に捉えた強烈な打球だったが正面すぎた。鳥谷が三本間に挟まれてアウトになる間に良太が3塁へ進んでなおも2死1・3塁。続くマートンがきれいにセンター前に弾き返して逆転に成功すると、森田もセンター前にポトリと落ちるタイムリーで続いた。
7回には上本がヒットで出塁すると、パスボールの間に2塁へ進む。大和の送りバントで1死3塁とし、鳥谷がレフトへ犠牲フライを上げて追加点を上げた。

試合展開としては、取られた後にすぐ1点を返したり、リリーフ投手の代わり端に足を絡めた攻撃で一気に逆転してみたり、ワンヒットでそつなく追加点を取ったりと、理想的も言える点の取り方。普段からこういう点の取り方が出来ていれば5位に低迷することはなかったやろし、先発投手の内の4人は2桁勝利してたやろね。

勝ったものの、ルーキー伊藤西川の前に4回までノーヒット。鳥谷のホームランで1点取ったが、5回を1安打1失点に抑えられたのは反省点やね、

7回の大和のバントもどうかと思う。結果的に3塁に進めることが出来て点に繋がったけど、せっかくの俊足1・2番コンビの持つ能力を自ら封印しているように思う。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック