またエルドレッド!逆転負けで自力CS消滅!

何度同じ選手に打たれるかな。エルドレッドから三振を奪うところを撮ろうとカメラを向けた瞬間にガツン。いらんもん撮ってしもたやないか。(ノ`Д´)ノ
画像


能見は7回まで4安打。三振こそ少なかったが、久しぶりに安定したピッチングを見せてくれた。
画像


打線はまたもバリントン攻略に手こずる。いや、バリントンだけじゃなく、最近はどのピッチャーと対戦してもこんな感じ。
4回2死から金本、新井の連打でチャンスを作るも、伊藤隼が倒れて得点できず。
画像


画像


5回、ツーアウトから上本がソロホームランを放ち、ようやく1点を入れる。
画像

上本はここまでスタメン起用された試合ではきっちりと結果を出している。ヒットで、ホームランで突破口を開き、ランナーに出れば常に次の塁を狙う、1番バッターとしては理想的な活躍。得点力が極端に落ちている現状では、1番セカンド上本は外せんやろなあ。ここ4試合、0点、1点、0点、1点と2進数のような得点が続いているが、この貴重な得点はすべて上本絡み。スタメンで使ってなかったら4試合連続完封されてたかもしれん。

その後、両チーム決め手がなく、1-0のまま8回表、能見は先頭の赤松にセンター前ヒットを打たれる。うーん、平野やったら飛びついてたかな。菊池の送りバントで2塁に進められ、右3枚のクリーンアップを迎えたところで降板。へばってたようには見えなかったが、いつも投手交代の遅れで痛い目に遭っているので先手を打ったか。

代わった福原は梵をストレートでズバッと見送三振。調子がよさそうなので、そのまますんなりと抑えてくれると思ってた。
画像


そして、冒頭のエルドレッドのホームラン。福原は打ち取ったと思ったんやろね。打球も見ずにベンチへ帰ろうとしかけたもんなあ。実際、大和の足がフェンス際で止まって捕球体制に入ったように見えたが、打球はぎりぎりレストラン席に着弾。甲子園でなく京セラドームだったのが不運だった。
ここのところエルドレッドにやられっぱなし。ホームラン5本のうち、4本はウチからやもんなあ。対策がないなら、この場面は敬遠でよかったんちゃうの。

その裏、代打今成がヒットで出塁し、反撃開始。
画像


画像

今成の打撃を見たら控え捕手にしておくのはもったいない。だからといって、次代の捕手のことを考えたら簡単にコンバートと言うわけにいかんやろし、だいたい外野は若手が溢れかえってるからなあ。

鳥谷の打席で代走の大和がすかさず盗塁を決めて無死2塁。
画像


この後、ベンチは鳥谷に送りバントの指示。バントが成功して大和は3塁へ進んだが、鳥谷にバントさせる必要あったんかな。ここまで下位に落ちて、ウチは引き分けで結構ですという采配はいらんて。これで勢いにブレーキをかけてしまった様に見えた。
良太はピッチャーゴロで、大和が三本間に挟まれてアウト。良太は何の躊躇もなくサードまでまっしぐらに走り、2死3塁となる。ちょっと暴走気味だったがよく走った。打撃でもこの思い切りがあったらなあ。

続く平野は3塁線へのライナー。代わったばかりの木村に捕られて同点機を逸した。
画像

ツキがなかったと言えばそれまでだが、鳥谷に送りバントまでさせて1点を取ろうというのなら、ここは檜山を使うところやったんちゃうか。采配に一貫性がない。

痛い逆転負けといえばそうなんやけど、得点が上本のホームランの1点だけなんやから負けても仕方ない。投手陣にいつも0点に抑えろというのは酷。俊介の適正は置いといて、上本は確実に得点源になっているんやから、1番に上本を置いたときにどうあれば繋がるかで打線を考えた方がいいと思う。少なくとも良太はバッティングが崩れる前に下位に戻してやるべし。



女子バレーの竹下が引退して江草と結婚するしい。尻に敷かれるのは確実やな。いい家庭を作りや。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック