またもメッセンジャーを見殺し

いやあ、疲れた。2度に渡る大ピンチ。投手陣の踏ん張りで何とか凌いでくれたけど、TV観戦でここまで疲れる試合って無いで。

メッセンジャーが、ストレート150km超えの最高のピッチング。初回のピンチを4番阿部、5番村田を三振に取って逃れると、後はほぼ完璧な内容で終盤まで乗り切った。三振は7つ。ピッチャーゴロ多かったなあ。球威も凄かったし、小宮山のリードも良かった。
一方打線は澤村に3回までノーヒットに抑えられる。4回1死にようやく鳥谷がヒットを打つが、その後は再び音なしとなる。

試合が動いたのは7回の攻防。先頭の鳥谷が1塁へのボテボテのゴロ。小笠原から澤村にトスをするが1塁セーフ。VTRで見たら澤村の足の方が速かったかな。ラッキーなヒットの後、新井が珍しく右中間オーバーのヒットを放つ。一走鳥谷がホームを狙うが余裕でアウトになってしまう。。
次は当たってる金本やねんから無理させんでも良かったのに。これは3塁コーチの久慈の判断ミス。点が取れん事で焦ってしもたんやろね。
結局、金本はバットを粉々にされて1塁ゴロ。3塁ランナーが居たら、この当たりでホームイン出来たのになあ。ブラゼルはスイングアウトの三振。この試合唯一のチャンスをみすみす逃してしまった。

力強いピッチングをしいていたメッセンジャーだったが、その裏先頭の阿部を四球で歩かせると、村田の送りバントで1死2塁。メッセンジャーのコントロールが少しぶれているところだったので、これは正直助かった。それにしてもFAで獲得した大砲にバントをさせるかね。信頼関係ずたずたちゃうか。
この後、高橋由を敬遠してボウカー勝負に出るが、ボウカーにフルカウントから四球を選ばれて1死満塁。
ここまで好投していたメッセンジャーだったが。ここで力尽きるのかと思った。しかし、ここでメッセンジャーが最後の力を振り絞る。小笠原をキャッチャーフライに打ち取ると、代打石井は初球をレフトフライでチェンジ。メッセンジャー、ナイスピッチング。

打線は8回、9回と山口の前にノーヒットに終わる。イニングの終わるの早かったわ。完全に相手の術中にはまってるやん。

8回の裏のマウンドは榎田。先頭の阿部にライト前に運ばれる。村田はまたも送りバントの構え。しかし1球目を見逃してストライクを取られるとヒッティングに切り替え。これがライトへ大きな当たり。スタンドインを覚悟したが、意外にも打球は伸びなかった。マートンがフェンス際で取れそうな感じだったが、打球はマートンのグラブの横を掠めてフェンスを直撃。何であれが取れんのや。
高橋由を敬遠して無死満塁にすると、ここでバッターは代打谷。いやな場面で一番嫌なバッター。谷に粘られた末にフルカウントに持ち込まれ、押し出しを覚悟したが、ここは何とか三振を奪い1アウト。代打加治前は浅いライトフライでツーアウト。そして代打3番手の實松をセカンドフライに打ち取って無失点で切り抜けた。
ランナーを溜めたときの度胸は認めるが、久保田みたいな綱渡りのピッチングは見ていて身体に悪いわ。

延長に入って、読売は西村が2イニング。こっちは筒井、球児のリレーでお互いにピシャリと抑え、結局延長11回スコアレスドローとなった。

終わってみれば、勝てた試合を落としたのか、負けてもおかしくない試合を引き分けに持ち込んだのか、よくわからん試合やった。

このカードは負け越したけど、山口を3連投させて、最後は2イニング投げさせたのは良かったかもしれん。甲子園でやり返さんとね。





この記事へのコメント

松ちゃん先生
2012年05月01日 12:36
貴殿が、言われたようにサードコーチの久慈さんは、状況判断が悪すぎます。現役時代、守備は一流だったが走塁に関しては、いまいちだった気がします。早めに交代してもらったほうが良いと思います。
2012年05月01日 17:53
>松ちゃん先生さん
関川コーチの方が適性があるように思いますねえ。
まあ、これでも去年よりはよっぽどマシですわ。

この記事へのトラックバック