チャンスを活かせず読売に連敗

6回の1死満塁はもったいなかったなあ。それまでにも色々あったけど、結局あれがこの試合のポイントやったんやろね。 岩田と岡崎のバッテリー。岩田は2回に3安打集中されて早々と1点を失ったが、6回78球1失点。ちょっとヒットは打たれ過ぎやけど、今シーズン一番の調子やったんとちゃうか。この内容やったら打線の援護が無いと嘆いてもええで。 …
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

能見、独り相撲で3回KO

初回に杉内対策が功を奏したと喜んだんやけど、向こうの能見対策の方が徹底してたなあ。おまけに能見の調子も良くなかったし。 金本を5番に上げたオーダーがピタリとはまった。 初回、マートンのレフト前ヒットを足掛かりに2死1・3塁のチャンスを作ると、金本が1・2塁間を破るタイムリーで先制。 金本は7回にも杉内から反撃の突破口を開くヒッ…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

雨も味方にしたサヨナラ劇、安藤の好投報われる

息詰まる投手戦。まさか延長11回ツーアウトからああいう展開になるとは思わなかった。今シーズンのベストゲームに入りそうな素晴らしい試合やった。 先発安藤は9回まで投げて4安打無失点。なんと3回の東出のヒットを最後に8回までパーフェクトピッチング。 9回1死から東出、丸の連打で1死1・3塁のピンチを迎える。正直なところ、9回のピンチ…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

久保2安打ピッチング、完封リレーで雪辱を果たす

前日のメッセンジャーに続いて久保も素晴らしいピッチング。終始変化球を低めにうまくコントロールし、広島打線を翻弄した。いっそのこと9回まで投げさせたったら良かったのに。 久保は初回、先頭の梵に初球をセンター前に運ばれるが、それ以降は一人のランナーも出すことなく、6回まで完璧なピッチング。7回、四死球と内野安打で2死満塁のピンチを迎え…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

メッセンジャー好投するも一発に泣く

マエケンに手も足も出ず。いや最後は手ぐらい出せたかな。それにしてもメッセンジャーが好投していただけに勝たせてやりたかったなあ。 マエケン相手に打線が沈黙するのは想定内だったが、5回まで一本のヒットも打てず、このままノーノーやられるんではないかと心配した。6回に平野のセカンド内野安打でようやくノーノーを阻止。7回には先頭の新井がツー…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

波動砲発射、大和初猛打賞6打点

打線組み替えの効果なのか、レフトブラゼル、ファースト城島の超強力打線が機能して大勝。非力に見える大和が長打3本の猛打賞で6打点。久しぶりのスタメンの城島が4打点。連敗してたことなんか、頭から吹き飛んだわ。 ここ2試合の拙攻に喝を入れたかったのか、1番マートン、2番平野の旧1・2番コンビ。6番に城島を入れて、7番には大和を置いてみた…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

大きなエラーが飛び出して、ベイに連敗

スタンリッジが、デーゲームにかかわらず、いいピッチングをしていたのに、守りのミスで足を引っ張ってしまった。 前回の登板では初回にいきなり炎上したスタンリッジだったが、この日は3回までノーヒットの6奪三振という素晴らしい立ち上がり。 4回、ヒットのブラゼルを1塁に置いて、マートンが左中間にツーベース。相手守備がもたついている間…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

悪いところてんこ盛り、ベイに本拠地初勝利をプレゼント

どうぞ勝ってくださいと言ってくれてるような試合やったのになあ。チャンスでの打順の巡り合わせが悪かったと言ったらそれまでやけど、それが3回も繰り返されるとキャンプから色々とやってきたことは何やったんやと思うわ。まあ、昨シーズンまでよく見た光景なんやけど。 2回、ブラゼルがライトフェンス直撃のツーベースで出塁すると、マートンがセンター…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

マートン3打点、安藤ひさびさの甲子園勝利

マートンがお立ち台で「ボチボチデナー」。その言葉はそこそこ調子のええ時に使うんやで。そのこころがわかって言ってるんやったら、マートンにエンジンがかかってきた証拠。そう信じたい。 先発安藤は毎回ヒットのランナーを出す苦しいピッチング。先の2試合に比べて全般的にボールが高く、特に変化球のコントロールが良くなかった。 2回先頭の川端を…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

久保踏ん張れず、ヤクルトに惜敗

最終回、1点ビハインドでブラゼル、マートン、金本。サヨナラを期待したんやけどなあ。 初回、平野が四球で出塁すると、柴田送りバント、鳥谷ヒットであっという間に1・3塁。続く新井のセカンドゴロ。1・2塁間を破ろうかという当たりだったが、セカンド田中の守備に阻まれた。しかし、その間に平野が生還して先制。 3回には平野ヒット、柴田送りバ…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

助っ人大活躍で連敗をストップ

メッセンジャーの好投、ブラゼルの先制弾、マートンのダメ押し。外国人選手が大活躍。 メジャー仕様の内外野総天然芝のほっともっと神戸での試合だったので、何か特別な想いがあったんかな。 先発はメッセンジャー。前回のヤクルト戦では3回5失点で降板したが、この日はテンポのいいピッチングでヤクルト打線を翻弄した。球数がちょうど100球という…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

岩田3敗目、山本昌の前に打線沈黙

山本昌の前に打線が沈黙。余裕で球界最年長先発勝利を達成させてしまった。 初回の大和のバスターはいい作戦だった。しっかりと叩きつけるバッティングだったが、転がったところが不運だった。続く鳥谷のヒットもしっかりと捕らえたセンター前ヒット。残念ながら得点には結びつかなかったが、そのうち攻略できそうな感じがした。そして、そのうちと思ってい…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

スタン大炎上、相変わらずの夜王

今シーズンもまたスタンリッジがデーゲームで背信投球。初回で試合が終わったと思ったけど、意外にも喰らいついていったやん。 初回のスタンリッジ、5安打3四死球の大荒れで一気に6点を謙譲。いくら相手が大型連敗中といっても、そこまでハンデやらんでええやん。それにしても、いつになったら克服できるんやろ。いっそのこと裏ローテに回して平日ナイタ…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

能見2勝目、新井と球児の自作自演で盛り上げ

主演は能見、助演は新井、球児。能見の好投でサクサクと片付けて終わる試合を、助演の2人が盛り上げてくれたわ。 先発能見は立ち上がりに2死1・3塁のピンチを迎える。ここで和田が三遊間ヒットコースへの鋭い当たり。これを新井が飛び込んでキャッチ。ナイスプレーと思った直後、セカンドへとんでもない送球。両足が揃ったまま投げたもんなあ。ステップ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

檜山、神がかりタイムリーで同点に持ち込む

チームにそれほど勢いを感じないのに負けないのはなんでやろ。だからと言って、ただ単にツキがあるという感じでもないしなあ。 安藤が6回を2安打ピッチング。2試合連続でこんないいピッチングをしてくれたら、これから期待してまうやん。 2回、堂林にタイムリーを打たれて1点を失ってしまったが、3回の2死満塁は見事に三振で切り抜けた。その後は…
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

久保好投、新井2連発、球児200セーブ達成

久保のナイスピッチングと、打ち過ぎ症候群で打線が沈黙している中での新井の2発。そして、最後は球児が三者連続三振で締めて、たった4安打ながら、8安打のカープに勝利。淡白な試合やったけど、内容は盛りだくさんやった。 インフルエンザで出遅れていた久保が今期初登板。緩急の効いたピッチングで広島打線を翻弄し、7回まで無失点の好投。このまま完…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

今期初の2桁得点、喜びより藤井が心配

序盤から打線爆発。圧倒的なパワーで勝利し、同率首位に浮上。鳥谷にようやくタイムリーとホームランが飛び出し、金本にもレフト方向への強い打球が戻ってきた。でも、藤井の容態が心配で、素直に喜べんわ。 初回、いきなり1死満塁のチャンスで、ブラゼルが2点タイムリーを放ち、あっという間に2点先制。 2回にも先頭の金本がレフトオーバーへのツー…
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

岩田ピリッとせず2敗目

まあ、悪いところが一杯出た試合。金本休養のため、スタメンはレフトにブラゼル、ファースト城島。このカードの勝ち越しを決めていたから試してみたかったんかな。 岩田は立ち上がりこそ2連続三振でスタートしたが、続く長野をショート内野安打で出してしまうと、そこから阿部、村田に連打を打たれて、早々と1点を失う。2回には4安打集中で2点、4回に…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

初回の1点を守りきって読売に連勝

スタンリッジが6回3安打無失点の好投。さすがは夜王。最後はちょっとバタバタしたけど、しっかり役目を果たして2勝目。 球場入りしたときは前日より暖かいかなと思ってたけど、イニングが進むにつれ寒さが厳しくなってきた。前日と違って完全防寒していったんやけど、それでも寒かったなあ。 左の杉内なのでセンターは大和。それ以外はオーダーに…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

能見2安打完封、甲子園開幕勝利!

待ちに待った甲子園開幕。朝から強い雨が降ったりやんだり。試合前にはやんでいて、きれいな満月もでていたけど、真冬のような寒さが堪えた。厚着していったつもりだけど、それでも寒くて震えてたわ。球春到来の季節やのにね。 能見と澤村の投げ合い。 能見の立ち上がり、どうも変化球のコントロールが定まっていない様子だった。先頭の坂本を歩…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

安藤復活勝利、涙のヒーローインタビュー

安藤が6安打1四球ながらも7回を無失点で2年ぶりの勝利。よかったなあ、安藤。安藤が以前のような活躍をしてくれれば、本来2桁勝てるポテンシャル持ってるんやから、願ってもない補強になる。能見と来年の開幕投手を争うぐらいの成績を残してや。 スポーツニュースでしか見てないので詳しいことはわからないが、スコアを見るとヒット6本はすべてシング…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

勝ちに等しい引き分け

正直なところ3回で今日は負けと諦めていた。それがコツコツ返していって、最後は同点に追いついてドロー。中継ぎ投手陣と打線の意地が見られたので、今日のところはこれで満足。 メッセンジャーは3回を5安打4四球5失点。佐野慈紀氏がtwitterで「アスレチックス戦でスズキに打たれたことで自信を失って、コーナーを狙いすぎている」と指摘してい…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

4番が働かず、ベイに完敗

見応えがあったのは6回まで。7回に一気にしらけてしまった。 波に乗れないというか何というのか。前日のヒーローがブレーキになるんやもんなあ。 先発の岩田は、初回1死から四球のランナーを出すが、小宮山の盗塁阻止で3人で終わらせると、そこからは完璧な内容で横浜打線を抑えていた。 ところが、4回2死から連打を浴びて1・3塁とされると、…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

新井が4番の仕事、和田阪神初勝利!

この日はライトスタンドで観戦。応援団の真っ只中だったし、京セラドームは立ち応援なので攻撃のときは写真を撮ってる暇がなかった。写真どころかビールをゆっくり飲んでる暇もなかったわ。 試合を振り返る前に、ちょっと心配事。3回の攻撃が終わったところで選手交代のアナウンス。ブラゼルを引っ込めて城島をファースト守備に就けた。どうも体調不良…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more