悪いところてんこ盛り、ベイに本拠地初勝利をプレゼント

どうぞ勝ってくださいと言ってくれてるような試合やったのになあ。チャンスでの打順の巡り合わせが悪かったと言ったらそれまでやけど、それが3回も繰り返されるとキャンプから色々とやってきたことは何やったんやと思うわ。まあ、昨シーズンまでよく見た光景なんやけど。

2回、ブラゼルがライトフェンス直撃のツーベースで出塁すると、マートンがセンター前ヒットで続く。しかし、ブラゼルが打球判断を誤りセカンド釘付け。金本はショート後方へのポテンヒット。ブラゼルが普通の走塁をしていたら先制していたところだったが、1死満塁で小宮山、能見に打席が回ってくる不運。結局、小宮山は三振、能見もセカンドゴロで無得点に終わった。

4回には新井のレフトフェンス直撃のツーベース、ブラゼル四球。マートンが倒れたあと、金本四球で再び1死満塁。そしてこのチャンスで再び小宮山。ここでベンチが動き、初球スクイズを敢行。しかし、これがファールになり、強攻策に切り替えて三振。能見もセカンドゴロに倒れ、2度目のチャンスを逸した。

2度のチャンスをミスで無得点に終わったことが能見の心理に影響したのか、4回裏先頭の石川に死球を当ててしまうと、続く中村紀にレフトへ大きなホームランを打たれてしまった。その後も連打を浴びてピンチを迎えるが、ここは落ち着きを取り戻して切り抜けた。

7回表、2死から平野、代打城島の連打で1・3塁とすると、鳥谷がライト線へタイムリーを放ち、ようやく1点が入る。更に2・3塁のチャンスだったが、新井が内野ゴロに倒れ追い付くことはできなかった。

8回に福原が追加点を許して点差が2点差に広がる。それでも2点なら何とかなる範囲。9回に代打檜山のツーベース、平野のヒット、鳥谷四球で2死満塁。一打同点のこの場面でバッターは岡崎。7回の攻撃で小宮山のところで関本を代打に送った関係で、新井のところに岡崎を入れたツケがこんなところで回ってきた。だいたい僅差で負けている試合で打点トップの新井を下げるってどういう事よ。完全にベンチの判断ミスやな。
結局、岡崎はセカンドゴロに倒れ、ゲームセット。

これまでミスが出ても他でカバーするような戦い方ができていたが、これだけミスが続くとどうしようもないわな。これ以外にも5回の柴田の送りバント失敗、6回のマートンの走塁ミスでチャンスを広げられない場面もあった。悪いところのオンパレードの試合やったなあ。

あと、控え選手の構成にも問題がありそうに思う。頻繁に小宮山に代打を送るんやったら、捕手3人制にせなアカンのちゃうか。それに左の代打も手薄やし。清水と林を上げて、浅井と俊介を落とした方がええんとちゃうか。





檜山がこの試合で通算2000塁打を達成。せっかくのメモリアルの試合、それも自らのバットで逆転への突破口を開いたというのに。余計に9回の攻撃が恨めしく思う。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック