聖地初戦、見事に勝利

新井が震災復興試合のために欠場。代わりにブラゼルが4番に入ったもののノーヒットに終わった。このチームは4番に座ると皆打てんようになるんかな。まあ、その分3番、5番、6番か活躍して、今期甲子園初勝利。

能見、岩田、スタンリッジが3イニングずつ。前日の雨天中止の影響でこうなったんやろなあ。
能見は3イニングを1安打無失点。抑えたといっても一巡だけだとよくわからん。ひょっとして3回はわざとピンチを作ったんかな。
それにしても、ランナーためてレフトに打球が飛んだらヒヤッとするなあ。

岩田は4安打1失点。不運な内野安打が重なったが、最少失点で切り抜け、まずまずの内容。
スタンリッジは3安打1失点。毎回ランナーを出して、ちょっともたもたしたが、大崩れすることはなかった。

打つ方では城島が2安打で好調を維持。オープン戦ここまで5割近いアベレージを保っている。
このままいけばファースト城島、レフトブラゼルというのが既定路線になりそうでなりそうでちょっと怖い。

ブラゼルがレフトに追いやられると、今度は金本とのポジション争いとなるが、金本もこの日は2安打。
すべて引っ張った打球で、特に2打席目のヒットは1・2塁間を鋭く抜く、金本本来の当たりだった。

鳥谷の2打席目、いい角度で打球が上がったが、ライトフェンス際で失速。しかし、大和をセカンドに置いた3打席目では見事にスタンドに放り込んだ。状態はかなりよさそう。後は平野、マートンとのつながりやね。
そういえば、マートンはどうした?







この記事へのコメント

この記事へのトラックバック