1軍スタッフ発表

今日、一軍のスタッフが発表された。色々な名前が上がっていたが、結局サプライズはなかった。いや、ヘッドコーチは違う意味でサプライズかも。 監督        86 和田 豊 49 ヘッドコーチ    77 有田修三 60 投手コーチ     80 藪 恵壹 43 投手コーチ     85 山口高志 61 打撃コーチ   …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

和田監督誕生

ようやく球団から和田新監督の発表があった。そんなもん、ドラフトの前に発表しといたらええのに。 和田さんは現役の時から好きだし、技術指導の面でもすばらしいコーチだと思う。 野村、星野、岡田、真弓と4代の監督の下でコーチを勤め、それぞれの監督のいい面も悪い面も見てきている。だから、監督経験がないというのはあまり心配していない。 そ…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

2011年ドラフトの結果

2011年ドラフト会議、ほぼ満足のいく成果だったように思う。それより、菅野をめぐる予想外の展開に驚いた。ざまーみー、読売。 タイガースの指名は5人+育成1人。 1位 伊藤隼太 外野手 慶大 2位 歳内宏明 投手  聖光学院 3位 西田直斗 内野手 大阪桐蔭 4位 伊藤和雄 投手  東京国際大 5位 松田遼馬 …
トラックバック:14
コメント:0

続きを読むread more

「どくとるマンボウ」北杜夫さんが死去

 「楡家の人びと」などの純文学のほか、ユーモアあふれる「どくとるマンボウ」シリーズでも人気を集めた作家で日本芸術院会員の北杜夫(きた・もりお、本名斎藤宗吉=さいとう・そうきち)さんが24日午前6時2分、腸閉塞のため東京都内の病院で死去した。84歳。東京都出身。葬儀・告別式は親族のみで行う。喪主は妻斎藤喜美子(きみこ)さん。(サンスポ) …
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

セ・リーグ日程終了、個人タイトル確定

ヤクルト-広島戦すごかったなあ。ドラマティックな結末にも驚いたけど、何よりノーノーを阻止して、サヨナラのお膳立てをしたのが藤本というのが嬉しい。 真弓監督が正式に辞任。3年間、本当にお疲れさまでした。 他のコーチに采配を任せて、自分は調整役に回ったのが間違いやったかな。案外、生え抜きの木戸ヘッドに遠慮してた部分もあったかもなあ。…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

1安打完封リレーで今シーズンを締めくくる

惜しかったなあ。もう少しでノーノーリレーやったのに。 先発は鶴。初回先頭の東出に四球を与えたが、その後は広島打線を完璧に抑え、5回を無安打無失点で、今季最終登板をいい形で終わらせた。最後のバーデン、廣瀬、安倍から三者連続三振を奪ったところは見事やったなあ。 6回には榎田が今季62試合目の登板を3人でキチッと終わらせる。本当に…
トラックバック:14
コメント:0

続きを読むread more

若虎1失点リレー、来季に期待

若手ピッチャー4人のリレーで僅か1失点。試合の方は残念ながら負けてしまったが、投手陣の方も若手が育って来ているのを見て一安心。 清原が5回1失点の好投。初先発とは思えない堂々たるピッチングを見せてくれた。毎回ランナーを背負ったものの5回1失点は上出来。野手陣がもうちょっと打ってくれたら良かったのにね。 7回は白仁田がプロ初登…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

田上、猛アピール!能見、奪三振タイトル届かず

若虎が活躍。中でも田上が初の猛打賞に加え、初盗塁も決めて大活躍。オフの間に更にステップアップして、来シーズンは1軍に定着して欲しい。柴田、田上の1・2番コンビを見てみたくない? 能見が完投勝利で12勝目。残念ながら三振は5つしか奪えず、マエケンの奪三振数に2つ足らなかった。広島打線が三振しないように早打ちしたのと、フォークが落ちて…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

甲子園最終戦、最後は真弓コールで締め

今シーズン最後の甲子園での試合。連敗をストップして、いい形で締め括ってくれた。最後は真弓コールとヒッティングマーチで真弓監督をお見送り。色々と不満もあったが、いざ辞めるとなると寂しいもんやね。 試合開始の頃はガラガラだった甲子園も、試合途中から徐々に観客が増えて来て、最終的には35000人の入りとなった。 先発久保は、…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

小嶋、まだまだ課題多し

元気ないなあ。勝ち負けはええから、もっとハツラツとしたところを見せて欲しい。 前回登板で久しぶりの勝利投手になった小嶋だったが、残念な結果に終わった。初回、三者連続で空振りの三振を奪ったときは2勝目を期待したんやけどなあ。 4回、村田にツーベースを打たれると、渡辺に死球を与えて1・2塁。ここから松本のスリーベースで逆転されると、…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

プロ初登板のルーキーに捻られる

自分とこの若手の育成は下手やのに、他球団の若手にはきっちり自信を付けさせるもんなあ。 スタンリッジとメッセンジャーを落として、森田と田上を登録。メッセンジャーはともかく、スタンリッジは2桁勝利のために、もう一度チャンスをやって欲しかった。 横浜はプロ初先発のルーキー加賀美。 初回、簡単にツーアウトを取られるも、鳥谷が内野安…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

ヤクルトをアシストするも、ドラ自力で優勝

片や消化試合、もう一方は王手がかかって負けられない試合。そらこういう結果になるわな。 ヤクルト先発館山の前にシングルヒット4本だけの完封負け。見どころも何もない試合だった。 チーム4安打のうち、柴田がこの日も2安打と、打つ方ではいいところを見せている。でも、守備では浅い外野フライでタッチアップを許してしまったり、送球判断の悪さで…
トラックバック:14
コメント:0

続きを読むread more

能見8回2安打無失点、真弓監督辞任

デーゲームで読売が勝ったため、今季Bクラスが決定。それを受けて、球団社長が真弓監督の辞任を発表した。 能見が8回を2安打無失点。初回、いきなり三者連続三振から始まるなど、広島打線をまったく寄せ付けず、12奪三振を奪う圧巻のピッチングで11勝目。これで奪三振数は181となった。 8回を投げきって98球。十分に完封ペースだったが、9…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

2度のチャンスで得点出来ずにコールド負け

6回コールドで6安打9残塁。ここのところ効率よく点を取れてたのに、また元のダメ虎に戻ってしまった。 スタンリッジは初回、赤松をサードフライ、東出、バーデンを空振りの三振に打ち取り、上々の立ち上がりを見せたが、2回以降はまたいつもの悪いスタンリッジに戻ってしまった。3回、ピッチャーのバリントンに左中間を破るツーベースを打たれると、送…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

雨の神宮、コールドにならんでよかった

せっかく取った点が、雨で幻になってしまわないか心配やった。猛打爆発もええけど、ほどほどにしとかな。 先発久保は立ち上がり不安定で、また序盤KOかと思われたが、3回からようやく立ち直った。本来のピッチングにはまだまだ程遠いが、バックの守りと勢いを失っているヤクルト打線に助けられた。 打線は初回のチャンスでブラゼルが三振に倒れ、…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

小嶋が4年半ぶりの勝利

2007年、ルーキながらも開幕ローテに入り、プロ初登板の広島戦で初勝利。3戦目の横浜戦で2勝目を上げ、井川の後継者やと喜んでいた。3勝目まで長かったなあ。 横浜のセカンドは中村紀。最初スタメンを見たときは一瞬誰のことかわからんかったわ。 今季初先発の小嶋が5回1/3を3安打無失点。初回にストライクが入らない悪い癖が出たが、な…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

岩田の好投報われず、読売に連夜のサヨナラ負け

パソコンで記事を書いていて、「さよ」まで打ったところで「サヨナラ負け」て変換候補が出てくるのが悲しいわ。GoogleIMEなんか嫌いや。 先発の岩田は4回までパーフェクトピッチングだったが、5回にラミレスにホームランを打たれる。小宮山の構えたところよりやや高かったか。 しかし、その直後の6回表、先頭の平野がセンター前ヒットで出塁…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

またも球児でサヨナラ負け

球児も打たれることがあるとはわかっているが、2カード連続となるとダメージ大きいわ。 メッセンジャーが2回に阿部にホームランを打たれて先制を許すが、直後に読売東野が乱れて、3連続四球で満塁のチャンスを作ると、ブラゼルの2点タイムリーで逆転した。 ただ、一走新井が3塁でタッチアウトになったのは痛かった。横浜戦でもタッチアップで余裕の…
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

阪神、大ナタ大量8選手に戦力外通告

第一弾の戦力外発表があった。ドラフト前の人員整理にしては中堅からベテランクラスの名前が並んでいるなあ。でも、大ナタを振るったとは言っても、星野さんの時に比べたら大した事はないか。 大量8人“解雇”-。阪神は9日、西宮市内で戦力外通告を行った。通告を受けたのは下柳剛投手(43)、葛城育郎外野手(34)、杉山直久投手(30)、桟原将司…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

小技が決まり、読売に先勝

やるべき事をしっかりとやれば、結果はついてくる。当たり前の事が最近出来るようになってきた。 書きかけの記事が2度も消えてしまった。orz 時間がないのでざっくりと。 能見は5回に谷、脇谷の連打で1・3塁とされると、西村のセーフティスクイズで先制を許す。 見え見えの作戦だったのに警戒感をあまり感じなかった。ブラゼルがチャー…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

スタン、苦しみながらも、2ヶ月半ぶりの勝利

前日と同じような試合展開。違ったところは中継ぎがしっかりと自分の仕事をこなしてくれたところ。 先発スタンリッジはコントロールがアバウトで、自分のイメージ通りのピッチングが出来ていない様子。何イニングまで持つのか、とても不安な立ち上がりだった。 味方が先制した直後の2回、先頭の村田に1発を浴びて同点にされてしまう。前日にサヨナラ負…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

球児が打たれ、横浜に痛いサヨナラ負け

毎年秋になると横浜に手痛い負けを喰らうなあ。いい勝ち方が続いていたので、このまま連勝を続けて欲しかったけど、今シーズンは上手いこといかんねえ。 初回に新井のタイムリーで1点先制するものの、その後は横浜高崎から得点を奪えず。 2回には金本のラッキーなツーベース、藤井のショート内野安打で1死1・2塁と高崎を攻めるが、久保が送りバント…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

岩田2安打完封、三浦に投げ勝つ

いったいどこのチームやねんと思うぐらい、隙のない戦い振り。なんでこんな戦い方をこれまで出来んかったんやろ。 先発岩田は9回まで投げきって、打たれたヒットは僅か2本だけ。1回、2回にいやな四球を出したが、3回以降は完璧なピッチングで三振の山を築いた。 相手ピッチャーの三浦も調子が良かったので、投げ合いになって、そのうち先制を許す展…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

天才ジョブズ氏死去

我々のようなマイコン時代からのエンジニアにとって、ジョブズ氏とゲイツ氏といえば、カリスマ的存在だった。まだまだ、やりたい事が一杯あったろうに。  米電子機器大手アップルは5日、共同創業者のスティーブ・ジョブズ前最高経営責任者(CEO)が同日死去したと発表した。56歳だった。(サンスポ) 自宅のガレージから始まり、今や世界一の企業…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

ブラ砲連発、ヤクルトを3タテ

投打が噛み合って3連勝。9月のあの成績はいったい何やったんやろ。 試合を見ていないので雑感だけ。 前々回の神宮での首位攻防戦。ここで3タテ喰らわせておけばというところで3連敗。あれで一気にモチベーション下がったよな。今回の3連勝があの時に出ていれば、9月はあんなに負けなかったんではないだろうか。 ブラゼルが左へ右へと…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

完封リレーで久々の連勝

ヤクルトに連勝。見事に中日をアシストしてるなあ。同じなら神宮で勝っといて欲しかったけど、どっちもホームでしか勝てんのよ。 先発能見は7回を3安打無失点で9勝目。 球場に着いたのは2回の表が終わったところだったので、幸運にも能見がヒットを打たれたところを見てない。だから余計に毎回の四球が気になった。三振もわずかに2個。小宮山のリー…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

ようやくヤクルト戦連敗を止めた

オーナーの厳冬更改発言や、3年間の戦いを精査するというのが効いたのか、久しぶりに快勝。今更とは思うが、それでも勝てば嬉しい。だから懲りずにファンを続けていられるんやね。 残業が長引いて、試合は見れず。さあ帰ろうかというときに試合が終わった。ざっと感想だけ。 観客は僅か18000人。タイガースの現状に対し、ファンの無言の抗議だ…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

久保6失点、今シーズン終わったか?

今、チームは何を目指してるんやろ。この時期にこんな試合されたら、消化試合にしか見えん。落合中日との最後の試合なんやから、見応えのある試合をして欲しかった。 先発はこの日復帰した久保。 荒木、井端を簡単に打ち取ったものの、森野を歩かせると、ブランコに三遊間を破られて1・2塁。谷繁には変化球が決まらず、ストレートの四球を与えてしま…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

シーソーゲームを落とす

1点を争うシーソーゲーム。この時期に、こんな順位じゃかったら、負けても納得のいく試合やったんやけどなあ。 先発メッセンジャーは2回、先頭のブランコを歩かせると、平田の内野安打でピンチを広げると、大島、小田の連続タイムリーで2点を失う。4回には平田のソロホームランで3失点目。6回にはブランコに勝ち越しのソロホームランを浴び、結局これ…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

逆転されなくてよかった

先発がゲームを作って、主砲の一発で決める。久しぶりに気持ちのいい試合展開やった。 4回裏、先頭の鳥谷がセカンド井端のエラーで出塁。新井への初球は、頭をかすめるビンボールまがいのボール。これにブチ切れたか、2球目をフルスイングすると、一直線にレフトスタンドに飛び込む先制ツーランとなった。闘争心丸出しの、まさに怒りの一発だった。 新…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more