逆転されなくてよかった

先発がゲームを作って、主砲の一発で決める。久しぶりに気持ちのいい試合展開やった。

4回裏、先頭の鳥谷がセカンド井端のエラーで出塁。新井への初球は、頭をかすめるビンボールまがいのボール。これにブチ切れたか、2球目をフルスイングすると、一直線にレフトスタンドに飛び込む先制ツーランとなった。闘争心丸出しの、まさに怒りの一発だった。
新井のホームランの余韻が残る中、続くブラゼルも初球をセンターバックスクリーンに叩き込んだ。しばらくぶりのホームラン。低めのボールを見事に捉えた。
続くマートンも初球を叩いて、レフトへ大きな当たり。あわや3連発かと思ったが、残念ながらこれは左に切れた。
結局、この試合は新井、ブラゼルのホームランの3点だけだったが、苦手ネルソンの動揺を突いて先制出来たことが大きい。

先発岩田は4回まで中日打線をノーヒットに抑えていたが、先制してもらった直後の5回表、和田にこの試合初ヒットとなるスリーベースを打たれると、内野ゴロの間に1点を失う。
6回には先頭のネルソンにヒットを打たれると、井端のヒット、ブランコへの四球で2死満塁となり、バッターは谷繁。
4試合連続の逆転負けだけは避けて欲しいという願いが通じたか、谷繁をインコースのストレートで見逃しの三振。この回のピンチを逃れると、7回も無難に0に抑えてお役御免。
ナイスピッチングではあったが、欲を言えば点を取った直後のイニングでの失点や、先頭バッター、それもピッチャーにヒットを打たれたところは、もうちょっと慎重に行って貰いたかった。

8回からは榎田。先頭の荒木に四球を与える。森野、ブランコあたりに一発喰らうんとちゃうかと不安いっぱい。しかし、井端をファールフライに打ち取ると、森野の打席で、この回から守りに入った藤井が荒木の盗塁をドンピシャのセカンド送球で刺した。森野三振でこの回もなんとか凌いだ。キャッチャーを代えておいた、ベンチの判断が功を奏した。

9回は久しぶりに球児が登板。先頭のブランコの当たりは強いサードゴロ。これを大和が弾いて、ボールの行方を見失う。その瞬間、鳥谷がボールを取って一塁へ送球し、間一髪アウト。鳥谷、ナイスフォロー。
後は外野フライ2つで締めて、連敗をストップした。

連続逆転負けのトラウマか、試合が終わるまでずっと不安だった。ヤクルトと中日の勢いの差かな。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック