鳥谷ファインプレー連発、鬼門で先勝

初回、ネルソンの立ち上がりを攻め、平野のツーベース、鳥谷のタイムリーで早々と先制。更に新井の1塁ゴロをブランコがセカンドへ悪送球してチャンスを広げるが、マートンゲッツーで1点止まり。その後は立ち直ったネルソンから5回までヒットなし。やっぱナゴドやねえ。

一方、岩田は結果オーライの内容。初回こそ簡単に3人で終わらせたが、2回先頭のブランコに死球を与えると、和田四球、森野のピッチャー前のバントで3塁封殺を狙うもオールセーフとなって無死満塁。谷繁、井端を打ち取ってなんとか2死までこぎつけるが、ネルソンに押し出しの四球を与えて、ノーヒットで同点に追いつかれてしまう。
ボールが大きく高めに外れるのが多かった。ただ、中途半端な高めに行かなかったことと、荒れていたお陰で相手が狙い球を絞れなかった事が幸いした。

6回、平野のヒット、鳥谷四球で1死1・2塁で新井。打った瞬間、サードゴロゲッツーと思った当たりは森野のグローブを弾き、レフト前タイムリーとなって勝ち越し。限りなくエラーに近いヒットだったし、取られていれば間違い無くゲッツーだった打球。森野にありがとう。
しかし、初回の1塁ゴロ、6回のこれと、両方共ゲッツーを未遂にしてもらうとは、新井はツキだけはあるのかもしれんなあ。
その後、マートンと金本が共に1塁ライナーで追加点はならず。2人のツキを新井が持って行ってるんか。

7回、先頭の森田がライト線へのツーベースで出塁すると、藤井のセカンドゴロの間に三進。そして、バッター岩田のところで代打檜山。フルカウントからの6球目を片手で技ありのバッティング。ファーストの頭を越えるタイムリーヒットになって1点追加。

7回裏に渡辺が下位打線をテンポよく抑えると、8回には調整登板の伊藤を攻め、マートンのライト線タイムリー、俊介のタイムリー内野安打、大和の犠牲フライでリードを5点に広げる。相手のミスやラッキーなヒットもあったけど、よくナゴドで6点取れたもんや。

8回は榎田。5点差あって榎田というのもなあ。
先頭の荒木にツーベースを打たれると、そこから2点を失い、福原に尻拭いしてもらうはめになった。気持ちが乗っていけなかったのかもしれないが、これで流れが一気に中日に傾く。

3点差で最終回は球児。その球児も流れに飲み込まれて行く。
先頭の井端を簡単に打ち取るが、野本を四球で出すと、荒木にヒットを打たれて1死1・2塁。続く大島はレフト前にポトリと落ちそうな当たり。これを鳥谷が後ろ向きでキャッチしてツーアウト。平田に四球を与えてしまい、2死満塁でブランコ。ホームランが出たらサヨナラ。
過去に何度も見たような場面。ウッズの時代からこんなシーンがよくあった。それによく打たれた。
初球のストレートはファール。2球目、高めに浮いたボールをブランコが捉える。危ないボールだったがブランコも力んで打ち損なってくれた。これを鳥谷がまたも背走してキャッチ。よく守ってくれた。この球場は守り勝つしかない。

ナゴド3連戦で先勝。これで最悪の3タテでズルズルというのはなくなった。3タテなんて贅沢言わんけど、とりあえず勝ち越しだけは決めて欲しい。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック