デイリー電子版無料お試しキャンペーン

デイリースポーツのホームページには告知されていないので知らない人も多いかもしれない。 http://ec.kobe-np.co.jp/e-paper/try2011/ 実際に申し込んで紙面を見てみたところ、思ったほど重くなく、拡大・縮小や移動がサクサク動いてくれる。 たっぷり1ヶ月間無料で見れて、運がよければ賞品も当たるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スレッジひとりにやられた

だから、潜在的に破壊力を持ってるチームなんやから、調子に乗せたらアカンねんて。 とうとう榎田が登録抹消。蓄積された疲労を回復するためで、期限は無期限らしい。小嶋、西村が上がって来たが、この2人で榎田の穴を埋める事ができるのか不安。 加藤のファーム落ちは順当かな。雰囲気的には川崎も近い内に落ちるやろね。林ちゃんは森田に居場所を取ら…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

流れを手放し、久保復帰戦を飾れず

先発は故障明けの久保。微妙にコントロールがずれていたり、抜け球があったりで2四球を与えピンチを招くがなんとか無失点に抑える。 するとその裏、平野のヒット、鳥谷のツーベースで1死2・3塁とすると、新井のピッチャーゴロの間に平野がホームイン。すっきりしない点の取り方だがとりあえずは先制。続くブラゼルのタイムリーで2点目が入り、故障明けの久…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

伊良部秀輝氏逝去

 ロッテ、阪神や米大リーグのヤンキースなどで投手として活躍、日米通算106勝を挙げた伊良部秀輝さんが、米ロサンゼルス近郊の自宅で首をつって自殺しているのを、27日早朝、友人らの通報でロサンゼルス郡保安官事務所当局者が発見した。42歳という早すぎる死に球界から惜しむ声が多数、寄せられた。(デイリー) 2003年阪神優勝の立役者がこういう…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

またも岩田を見殺し、中日戦3タテならず

これぞ中日戦という負け方やったなあ。そもそも、中日に3タテ喰らわせて貯金生活なんて、そう簡単にはいかんわな。 岩田は5回までノーヒットピッチング。外野にボールが飛んだのは和田のレフトフライだけ。内野ゴロの山を築く完璧なピッチング。 6回も簡単にツーアウトを取るが、平田に右中間へのツーベースを打たれて初安打を許してしまう。マートン…
トラックバック:17
コメント:0

続きを読むread more

上本満塁弾、相手のミスに乗じて大勝

チェンに分の悪いブラゼルを外してファースト関本、セカンド上本。久々に先発の上本がいい意味でやらかしてくれた。連日の若虎の活躍、堪えられんなあ。 先発スタンリッジは初回、野本を追い込みながら死球で出すと、平田にはいい当たりのショートゴロ。これを鳥谷が横っ飛びで取って1塁アウトにするが、森野にタイムリーを打たれて先制を許してしまう。続…
トラックバック:14
コメント:0

続きを読むread more

森田、プロ初打席でチームを救う一発

1軍初昇格の森田が代打で登場し、起死回生の同点ホームラン。初打席初ホームランは球団史上初。一度は故障で育成に落ちたが、よくぞ這い上がって来た。 初回平野、鳥谷の連打で1死1・3塁。ここで前日金本から4番の心得を叩きこまれた新井。しかし、4番の仕事とは程遠いサードゴロ。ゲッツーを覚悟してたがセカンド井端が落球してオールセーフ。3塁ラ…
トラックバック:14
コメント:0

続きを読むread more

オールスター2011第3戦、パ・リーグ圧勝で幕を閉じる

オールスター第3戦はパ・リーグの圧勝で幕を閉じた。マー君、ダルを追い詰めたんやけど、うまくかわされた。3戦通してパ・リーグの方が勢いあったかな。 マー君、ダルが1イニングづつの登板。秋山監督の遠慮もあったんやろけど、2イニングづつ行って欲しかったな。 稲葉が1戦目に続いてのホームラン。初回ツーランでパ・リーグがまたもや先制。…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

地上波アナログ放送終了

地デジ放送が始まった頃はまだまだ先の話と思ってたけど、とうとうその日がやってきた。 12時ちょっと前からテレビを2画面モードにして地デジと地アナの放送を映して見てたけど、12時回ってもまったく何の変化もなし。 ウチのマンションは近隣の電波対策のためにケーブルテレビと契約してるんやけど、その場合は当分地アナも見れるということか。 …
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

オールスター2011第2戦、おかわり君連発、パ・リーグが逃げ切り

西武中村が初回レフト最上段へのツーラン、4回にはセンターバックスクリーンへおかわり。統一球やのにどんだけ飛ぶねん。やっぱり豪快なスイングせんと飛ばんのかな。 パ・リーグが先制してセ・リーグが追いかける展開で、9回表セ・リーグ2点のビハインド。 1死から井端が内野安打で出塁。平野が送って2死2塁として、坂本のタイムリーで1点差…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

オールスター2011第1戦、大花火大会でセ・リーグ勝利

夏と言えばオールスターゲーム。1戦目はお祭りらしく大花火大会になった。 セ・リーグはセットアッパーと抑え投手9人の豪華リレー。先発は岩瀬。セットポジションじゃない岩瀬を見られるのもオールスターの面白いところ。 しかし、その岩瀬が初回にエラー絡みで失点すると、2回には江尻も打たれて2点のビハインド。そして3回には流れを変え…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

4連勝の壁、借金完済ならず

この試合に勝てば借金完済だったのに、相変わらずここ一番という試合に勝てない。まあそれは前からの事なので仕方ないけど、それにしても連勝が続かんなあ。 岩田は三者凡退に抑えたイニングは2つだけ、4イニングは先頭打者をヒットで出塁させるという苦しいピッチング。それでも粘りのピッチングでなんとか広島打線を0で抑えていく。逆に言うと広島打線…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

スタン完封勝ちでとうとう借金1に

横浜戦で大量点を取った後だったので、その後遺症が心配だったけど無事快勝。 榎田がベンチを外れ、勝利の方程式が使えない。スタンリッジに出来るだけ長い回を投げて欲しかったが、その期待に応えて見事完封勝利。 4回まで打たせて取る内容で1安打ピッチング。5回以降はピンチの連続ながらも要所を締めて得点を与えず、9回を132球8安打。 こ…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

予想外の乱打戦、新井グランドスラム、勝ててよかった

能見が投げて打線も好調で途中までは楽勝ムード。落としてたらダメージ大きかったやろなあ。 打線は序盤から三浦を攻め、2回には金本の2試合連続となるツーランホームランで先制すると、続く藤井もレフトへホームランを放ち、3点のリード。 4回には関本ヒット、金本四球で1・2塁にすると、能見の送りバントを三浦が間に合わない3塁に投げて満塁に…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

鄭、満を持して登場、打線爆発で今季初勝利

先発は今季1軍初登録された鄭。いつ1軍に登録されてもおかしくない実力を持ちながらも、外国人登録枠の制限でファームに留められていた。今回は登板予定のなくなったメッセンジャーと入れ替えでのお試し登録。何年か前には考えられんかったような贅沢な悩みやなあ。 初回1死から下園に四球を与えるもゲッツーで切り抜けると、3回まで横浜打線をノーヒッ…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

気の抜けたような試合、横浜に完封負け

締りのない試合だった。読売戦や中日戦の後は往々にしてこういう試合が多い。それとも、オールスター休みの前で気が緩んでるのか? メッセンジャーは4回に自身のエラーでノーアウトのランナーを出し、ハーパーにタイムリーを打たれて先制を許すと、6回には村田のソロホームランで追加点を与えてしまう。 3回までパーフェクトピッチングをしていながら…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

岩田まさかの3回KOで3タテならず

岩田は1回、2回といつもながらの上々の滑り出しを見せたが、3回に突然掴まる。 9番ピッチャーのゴンザレスにヒットを打たれると、そこから長短合わせて5連打で4失点。見事なまでにフルスイングして打たれていたので、配球が読まれているか岩田のクセがバレたかと思うぐらいだった。岩田は球を揃えすぎたとコメントを残しているが、このイニングで降板…
トラックバック:13
コメント:3

続きを読むread more

若手とベテランのコラボでサヨナラダァ~ッ!

6回表が終わったときに突然アントニオ猪木が出てきて、1、2、3、ダァ~ッ! これだけのパフォーマンスやったけど、やっぱ凄い存在感あるわ。 2回、新井のサードゴロがベースに当たってツーベースになると、金本が右中間を破るツーベースで先制。猪木効果かな。これ以外に内海から点を取れそうなシーンがなかっただけに、貴重な一打となった。 …
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

幸先よく9連戦の初戦に勝利

林を下げて野原祐が1軍登録された。日曜日のファーム戦では打撃が好調なところを見せていた。キャラも面白いし、ひたむきなプレースタイルが1軍の雰囲気をいい方に変えてくれることを期待している。 スタンリッジが8回を3安打1失点。初回長野にホームランを浴びたときはちょっと心配したが、その後は危なげないピッチングで読売打線をスミ1に抑えた。…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

能見好投するも援護なく7敗目

甲子園でファームの試合を観戦しながら、ラジオで1軍の試合をチェック。ファームは俊介、野原祐の活躍で快勝。早く1軍に上がって来て、決定打の出ない打線に喝を入れて欲しいなあ。 能見はいきなり三者連続三振を奪う最高の立ち上がり。4回までヤクルト打線をパーフェクトに抑える好投。5回にバレンティンに初ヒットを許すも牽制アウトにして、付け入る…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

ツキも味方、首位ヤクルトに完勝

花火が綺麗やったね。グラウンドに座り込んで花火を観ているつば九郎には癒されるわ。 メッセンジャーが6勝目。いつもながら安定したところを見せてくれた。 慣れない地方球場のマウンドだったこともあって、立ち上がりは連続四球を出してピンチを招いたが、ショートゴロ併殺で切り抜けると、その後はいつものメッセに戻ってくれた。 打線はこの…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

息詰まる投手戦、ドラの自滅で勝利

不振の新井を6番に下げ、マートンを初めて4番に据える荒療治を敢行。岡田や落合なら絶対にせんやろな。 プレッシャーが少ないところで打たせるという意図は分かるが、新井にはずっと4番で頑張って貰わんとアカンのやから、降格ではなく休養の方がよかったんちゃうかな。 岩田と吉見の投げ合い。岩田は9回、吉見は10回で降板するまで得点を与えない…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

福原満塁被弾、中日に逆転負け

先発鶴は5回終わって2安打無失点。結果としてこの好投が6回の悲劇を生んだんやろね。 3点リードの6回裏、先頭の大島、岩崎達に連打を浴びて無死1・2塁。続く森野に四球を与えて満塁にされると、和田にも押し出し四球を与えて無念の降板。 代わった福原は平田を三振に取ったが、続く小池の初球、真ん中低めのストレートを捉えられ、満塁ホームラン…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

魔窟ナゴドで2試合連続のサヨナラ負け

打線が上向きになってちょっとはナゴドで暴れてくれるかと思ったけど、相変わらず点が取れんなあ。 先発スタンリッジは7回以外は毎回ランナーを背負いながらの苦しいピッチングだったが、粘りに粘って7回を無失点に抑えた。初回和田に四球を出したが、それ以外はクリーンアップを完璧に抑えたのが良かったんやろね。 7回を三者凡退に抑え、まだまだ余…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

マートン、榎田が監督推薦で球宴出場

オールスターの監督推薦が発表され、マートンが2年連続、榎田が阪神では17年ぶりとなる新人の出場が決まった。 今年のオールスターはファン投票で球児、選手間投票で平野が選出され、この日発表された監督推薦でマートン、榎田が選ばれて、これで阪神からは4人が出場することになった。 マートンはセ・リーグヒット数トップなので当然と言えば当…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

怒涛の7連打、今季初の3タテ

横浜先発はゴンザレス。初もの、外国人投手、左腕とウチの苦手とする3要素が揃ったピッチャーだったが苦も無く攻略。と言うよりメッタ打ちにして粉砕した。 初回1死から平野がセンター前ヒットで出塁すると、鳥谷のセカンドゴロはピッチャーのカバーが遅れて内野安打になって1死1・2塁。 さあ、ここからイッツ・ショータイム。 新井が三遊間を破…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

男前の活躍で横浜に連勝

レフトスタンドで観戦。日が沈むまで暑かった。おまけに、座席が横浜応援団のすぐ下だったのでやたらとやかましい。 ところで、横浜応援団、こっちの応援に被せて鳴り物を鳴らすのはマナー違反やろ。 初回、平野がツーベースで出塁すると、鳥谷の内野ゴロの間に3塁へ進塁。ここで新井の先制ツーランが飛び出した。打った瞬間はまたポップフライかと思っ…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

岩田1安打ピッチング、打線爆発で横浜に大勝

岩田が1安打1失点の好投、打線も17安打10得点。岩田が投げると打線が沈黙するという呪縛はもう解けたかな。 横浜先発は山本省吾。今季2勝のその2つとも阪神からの勝ち星。他球団は苦にもせず攻略しているのに、なぜウチだけがやられてしまうのか判らん。 初回、平野の内野安打、鳥谷ヒットで足がかりを作ると、ブラゼル、関本の連続死球で労…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more