クリーンアップの差でオリックスにも負け越し

オリックスってこんなに強いチームやったかな。岡田さんが投手陣の癖をリークしてるんちゃうか。

下柳が3回持たずに降板。シーズンが始まった頃は調子がよかったのに、ここ何試合かは結果を出せていない。例年夏場になれば勝ち星から遠ざかってしまうので、このままだと未勝利のままでシーズン終わってしまうかもなあ。

この試合、オリックスのクリーンアップの活躍を見ていて羨ましかった。後藤、T-岡田、北川の3人で13打数7安打4打点。個々の打率はそれほどでもないのに、打順が回る度に点を取られそうな予感がし、実際に取られた。
一方、こっちのクリーナップは12打数3安打1打点2併殺。特に4回の無死1・2塁での新井のゲッツーは痛かった。

もはや5番を時々入れ替えたり、下位打線を弄ったりするようなことでは貧打拙攻は解決しない。大幅に打順を変えたり、1・2軍の大幅な入れ替えが必要。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック