スタンリッジ完封勝利、藤井が大活躍

3回に落球した草野、チェンジになってベンチに帰るの怖かったやろなあ。星野さんの顔、引きつっとったもんなあ。

スタンリッジは初回と最終回にちょっとバタバタしたけど、後は楽天打線をまったく寄せ付けないピッチングで4安打完封。デーゲームだったので心配していたが、まったく危なげなかった。藤井のリードが良かったんやろね。ひょっとすると藤井と組むと夜王返上できるかも。

打線は相手のミスもあって小刻みに得点を重ねた。
2回、関本四球、林ヒットで1死1・2塁にすると藤井にタイムリーが出て先制。ゲッツーかと思ったが、ラッキーにも松井稼がセカンド寄りに守っていたので三遊間が広く空いていた。

3回、無死2塁のチャンスで鳥谷、新井凡退でツーアウト。得点できなかったら嫌なムードになりそうだったが、ブラゼルの内野ポップを草野と松井稼がぶつかってまさかの落球で2点目。敵チームの事ながら、あまりにも永井がかわいそうに思う。ただ、これでこの日の試合の流れは決まってしまった。

4回には藤井のツーベース、スタンリッジのバントを嶋が3塁に悪送球して無死1・3塁。マートン、平野凡退の後、鳥谷、新井のタイムリーで3点追加。

そして6回、2死から平野がヒットで出塁すると、鳥谷が初球をライトに叩き込んで止めを刺した。鳥谷は東京ドームの3連発以来のホームラン。この日は1打席目からバッチリとタイミングが合ってた。ホームランも初対戦のピッチャーの初球だったし、復調の兆しやったらええな。

藤井は頑張ったなあ。打つ方ではどうしても城島に軍配が上がるが、リードは藤井の方が安心して見てられる。それに城島の前向きなところはどうしても戦闘的に見えるんよな。一方、藤井は癒し系。家庭でもあんなんかな。ベストファーザー賞は藤井にやって欲しかったなあ。

これで交流戦は終わり。借金は4つ増えて7。まあ、交流戦前のどん底状態からは抜けだしたので、これからはちょっとは調子を上げてくれるやろ。毎度の事で、交流戦はパ・リーグの調子が良かったのでゲーム差も開いてないし、Aクラスも見えている。これからに期待したい。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック