マートンおおきに、ダルから大金星!

ダルビッシュ相手に勝てる訳ない、負けたとしても1点でも取れたら勝ったと同然という暗黒根性で観戦。まさか今シーズン最高の勝利を見れるとは思っても見なかった。

3回裏、先頭のマートンがセンター前ヒット。糸井がボールを逸らす間に2塁を陥れた。続く平野がきっちりと初球送りバントを決めて1死3塁。平野はこれで区切りの200犠打。
鳥谷三振の後、バッターは新井。1-1からの3球目、アウトローを狙ったストレートがとんでもない高いボールとなり、キャッチャーのミットを弾いてバックネット直撃。この間にマートンが生還し、ダルビッシュの連続無失点が止まった。
連続なんとかという記録が止まる時って得てしてこういうあっけない終わり方するもんやなあ。

メッセンジャーは初回に2死から連打を浴びるも何とかこのピンチを切り抜けると、その後は5回までノーヒットピッチング。しかし、6回に突然捕まり、ヒットと四球で2死満塁にされると、金子誠のレフト前タイムリーで同点に追いつかれてしまった。
6回1失点なら十分な働きだが、球数の多いピッチャーなので、どうしても5回、6回当たりで100球前後となってボールが浮き始める。いいピッチングをしながらもったいない。

7回から榎田が登板。2死から小谷野に四球を与えるが、糸井を三振に取って無難に終わらせる。前回の4失点の影響は無いようなのでひと安心。やっぱり、こういう場面に限定してやらんとね。

7回、先頭の関本が初球を叩いて三遊間を破るヒットで出塁すると、代走に俊介。ここで点を取って守備固めに入るというベンチワーク。最近こういう勝負手がよく見られるようになってきた。
続く林はショートゴロ。これが内野安打になって無死1・2塁。なんでもないショートごろだったが、俊介がスタートしていたので、ショート金子誠が逆を突かれた形になった。
林の代走に柴田を送り、バッターは藤井。ここは見え見えの送りバントの場面。しかし、藤井のバントはキャッチャー前に転がり、最悪の2-5-3のゲッツーとなってしまう。
2死2塁となってバッターは代打檜山。わっしょいの後の檜山のHMは祈りを唱えているような静寂感を感じた。その檜山、初球ファール、2球目空振りで簡単に追い込まれたが、3球目、ワンバウンドのボールが足に当たるラッキーな死球で出塁。
そしてバッターはマートン。2球目、アウトコースやや内よりの球を逆らわずに右方向に打ち、1・2塁間を破るヒット。P1110005_s.jpg
2塁から柴田がホームインして勝ち越し。ボールが柴田に当たって転がる間に檜山もホームを狙うが、これはタッチアウト。檜山が1塁から一気にホームを狙うのも無理があるが、ダルビッシュがしっかりとカバーしてた。

この虎の子の1点を守るために、8回は小林宏がマウンドに。
前の日ハム戦では負け投手になっているが、この日は中田三振、ホフパワー一塁ゴロ、稲葉三振と完璧なピッチングを見せてくれた。キャッチャーとの相性なんかな。

9回は球児が二岡にヒットを許すが、3つのアウトを三振で取って試合終了。見事に札幌の雪辱を果たした。

交流戦も土日の楽天戦のみ。せめて1カードぐらいは勝ち越して欲しい。それにAクラス目前やし。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック