コバヒロ自滅、横浜に連敗

トリプルKとかJFKの再来なんて事を言ってるが、そんなんは幻想やったって事やね。
慣れない関西での生活とか、城島との相性とかもあると思うけど、元々はもっと環境の違うメジャーに行くつもりやったんやから、そのぐらいは克服してもらわんとなあ。

初回、横浜先発の須田の立ち上がりを攻め、無死満塁のチャンス。新井は三振するも、ブラゼルがライト線にタイムリーを放ち2点先制。続く金本はセカンドゴロゲッツーで2点止まり。これまでの試合を考えると2点入っただけでも御の字か。

4回には城島のホームラン、7回には平野のタイムリーで追加点。どちらも点を取られたあとだったので効果的な追加点だった。

先発メッセンジャーはずば抜けていいようには思わなかったが6回を2失点。味方の援護で2点のリードを貰って降板。
当然トリプルKの登場と思いきや、7回のマウンドは榎田。左の石川にヒットを打たれたものの、右バッターの3人を三振に仕留めた。

8回はクリーンアップからだし、ここは力でねじ伏せるタイプの久保田の方がいいと思っていたが、出てきたのは小林宏。前回の対戦でスレッジに打たれてたんとちゃうん。
その小林宏、先頭のスレッジを四球で出塁させて、きな臭いムード。続く村田は内野フライに打ち取るも、ハーパーにも四球を与え、吉村に当ててしまい1死満塁のピンチを迎える。コントロールがアバウト過ぎるわ。フォークも5割の確率ではっきりしたワンバウンドになるし。
バッター内藤への2球目、フォークボールがホームベース手前でワンバウンドし、城島が後ろに逸らして1点差。かなり大きくバウンドしたが、身体を張って取って欲しかった。
更に内藤には完璧に捉えられ、あわやホームランかという走者一掃のツーベースで一気に逆転された。

鳴物入りで入団したが、ここまで完璧にイニングを抑えたのは1度だけ。実力はこんなものじゃ無いはずだが、今のポジションのままで調子が上がるのを待つというのもなあ。当分はKKK解体になるやろね。榎田が7回に投げたのもその布石やったんかな。

貧打と継投失敗で横浜にまさかの連敗。そして3戦目は夜王スタンリッジ。3タテ喰らう可能性高いなあ。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック