久保好投、連敗ストップ

久しぶりにスッキリした勝利。でも、よくよく考えてみたら4点しか取ってないんや。もっと大差で勝ったような気がしたんやけどなあ。

9連勝と波に乗っているヤクルト打線を久保が僅か3安打に抑え連敗をストップ。
ピンチらしいピンチと言えば8回の無死1・2塁だけ。この場面で川端、川本からスイングアウトの三振を奪いツーアウト。ここで代打成功率だったか、得点圏打率だったかが7割の宮本が登場。フルカウントまで粘られたがなんとかライトフライに打ち取った。
前回の登板では6回まで1安打ピッチングをしながら、7回に一気に3点取られて逆転されたが、今回は落ち着いて乗り切ってくれた。
残念なのは3回の川本に浴びたホームラン。これがなければ9回で投げ切った筈。

この日は金本を休ませてスタメンレフトは林。
その林が4回、2死2・3塁の場面で右中間を破る2点タイムリーで逆転。
5回には2死から作った満塁のチャンスに新井が2点タイムリーを打って突き放す。
久しぶりに見たなあ、ツーアウトからのタイムリー。それも2点タイムリー。何かモヤモヤしたものが吹っ切れたような気がした。快勝と感じたのはこのせいかな。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック