ハンカチにプロの洗礼、大勝でオープン戦締めくくり

日ハム先発は斎藤佑樹。オープン戦ここまで貧打・拙攻が続き、更に初物ということで投手戦になるかと思ってたが、意外な展開になった。

2回、ブラゼル、金本の連打で1・3塁。ここで林がセンター前にタイムリーで先制するが、続く俊介が3塁ゴロゲッツーでチャンスを潰してしまった。相変わらずチグハグな攻撃。

3回、平野が斉藤のグラブを弾く内野安打で出塁、鳥谷もヒットで続き、再びチャンスを作ると、新井三振の後、ブラゼルから俊介の代打柴田まで4連続長短打で一挙4得点。
藤井の犠牲フライの後、マートンがタイムリーツーベースで更に追加点。平野が四球の後、鳥谷のスリーベースでこの回8得点。斉藤にプロの厳しさを教えた。
ほとんどが引っ張った打球。多分、球の出処が分かりやすいとか、何らかの攻略のヒントを掴んだんだと思う。
斉藤に問題があったのかもしれないけど、主力がこれだけ気持ちよく打ててよかった。これまで不振が続いていた選手がこれできっかけを掴んでくれればいい。

8回にはランナー2人を置いて新井弟がセンターに大きなホームラン。良太、やるやん。兄ちゃんはヒットが出なくてで苦しんでるのに。
その兄ちゃんは1塁ファールフライ、3回に1イニング2三振と最悪の状態。開幕問題で野球どころじゃないのかもしれないが、打率042で開幕4番に据えるのか?

先発の久保は6回を4安打無失点。本人談では調子はあまり良くなかったらしい。スコアリングポジションにランナーを進められたも落ち着いたピッチングで切り抜けた。ひょっとしたらわざと打たれてピンチを作ったか。久保ならやりかねん。

これでオープン戦は全日程終了。地震の影響で出来なかった試合も練習試合でちょっとは穴埋め出来たのは幸い。
後は開幕が遅れる分の調整をどうするかが問題。
明後日からのファーム戦で主力が出るんやろな。相手も同じこと考えてるみたいやし。

開幕日の問題は明日の政府への報告まで確定しそうにない。
有休申請の都合もあるので、早く決めて欲しい。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック