2010年度ベストナイン発表

2010シーズンの締めくくり。
プロ野球コンベンションが開催され、阪神タイガースからベストナインにブラゼル、平野、鳥谷、マートンが選ばれた。

4人も選ばれるなんて2005年以来の事。
優勝もしてないのに4人受賞というのは凄いことだけど、逆にいうとこれだけのメンバーで優勝できなかったのがおかしいのかも。
優勝した中日からは森野と和田だけ。気をつけなあかんのはこの2人だけのやったもんなあ。

納得行かないのは捕手部門は阿部が城島に差をつけて受賞。
本塁打の数で評価されたようにも見えるが、読売からの受賞者がいなかったのでバランスを取ったんとちゃうか。

ラミレスは2冠王を取りながらも落選。
外野手部門はマートン、ラミレス、和田、青木の4人の争い。
今シーズンの成績で見ると誰が取ってもおかしくなかったが、ラミレスは鉄板やろと思ってたけどなあ。






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック