ポストシーズンの話とかFAの話

ファン感謝デーのチケットは残念ながら落選。
はがきで応募した分も未だ何も届かないのでダメやったんやろなあ。
どなたかチケット持ってて一緒に行く相手がいない方、是非誘ってください。

シーズンが終わってクライマックスシリーズが始まるまでしばらく期間があり、クライマックスシリーズが終わって日本シリーズが始まるまでまた長い間。
なんか間延びしてしまって、完全に今シーズンが終わったような気になってしまう。
まあ、どのみち日本シリーズは見ないと思うけど。

ロッテが逆転劇でファーストステージを突破し、セカンドステージも土俵際で驚異の粘りを見せてうっちゃった。
中日は持ち前の堅実な野球で優位に立つと、最後はサヨナラ勝ちで日本シリーズ進出を決めた。
この勢いそのままで日本シリーズで対決というのなら、それなりに見所はあるかもしれないのに、これだけ間が開いてしまったら単なる中日-ロッテ戦やん。
もうちょっとポストシーズンの日程を考えた方がええんちゃう。

決して今年の日本シリーズが待ち遠しいのではない。
それより、日本シリーズが終わらないとFAの話も進まないことがもどかしい。

今年FA資格選手は95名。
その中には関本も含まれている。
内野を全部守れる器用さ、勝負強いバッティング。
十分にレギュラーを取れる実力を持ちながら、編成面のあおりを喰って控えに回っている。
選手の立場から見て、出場機会を求めてFAを行使したい気持ちは理解できる。
だが、関本がFA移籍するような事になると、2年連続でセカンドを守っていた選手が流出という事態になる。

これはポジション固定とフルイニング出場の弊害だと思う。
鳥谷、新井が出続ける事で控えの内野手が皆セカンドに追いやられる。
そのセカンドには平野がいるわけで、平野が外野を守るときでないとセカンドも空きがない。
これではあたら能力のある選手を活かすことができず、若手の育つ芽も摘んでしまう。

これは内野だけの話ではない。
今シーズンは金本のフルイニングが途切れたことで藤川俊が十分に1軍経験を積めた。
柔軟な選手起用をすれば、折角育てた選手の流出を防げ、若手にもチャンスが回り、ひいてはチームの層の厚さに繋がると思うんやけどなあ。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック