マートン200安打達成、ナゴヤドーム最終戦で一矢報いる

今日もナイターだと思い込んで出勤。
仕事中にデーゲームということを知り、家族にメールして録画してもらった。
明日の晩にでもゆっくりと見よう。

中日先発の吉見の立ち上がり、3四球で満塁になったところで城島がタイムリーを打って2点先制。
ここまで、こういう場面で内野ゴロに討ち取られて終わりというのが続いていたが、ようやくという感じ。
その後も小刻みに得点し、30イニング無得点だったナゴヤドームで1試合で6点も入れることができた。
このカードを負け越したけど、この3連戦で取った点はこっちの方が多いんやぞ。

マートンが3安打猛打賞であっさりとシーズン200安打超え。
200本目はレフトへのホームラン。
森野にホームランを打たれ、向こうが追い上げムードだった直後の効果的な一発だった。
先ずは200安打おめでとう。
これでイチローの持つ最多安打210まであと9つ。
ひょっとするとロッテ西岡がイチローに並んだというシーズン猛打賞記録も抜いてしまうかもしれない。
イチロー、西岡の記録は26。マートンは現在23。残り試合を考えると無理な数字ではない。
シーズンが始まる前はこんなに凄い外国人選手だとは思いもしなかった。
自分も含め、大半の阪神ファンはマートンに懺悔せんとあかんなあ。

能見はいつもながらの安定したピッチングで中日打線を7回4安打1失点。
復帰して以来、先発登板は3度目。すべて7回まで投げて結果を出している。
もう骨折の心配はしなくても大丈夫そうやね。
今からでも遅くはないので、戦えなかった分、残り試合で活躍して欲しい。

最後の一戦に勝った事で首の皮1枚つながった。
対中日の隠れマジックは10、残り試合も10。
これを不可能な数字と見るのか、それともチャンスが残されていると受け取るのか。




この記事へのコメント

ポンセン
2010年09月24日 07:24
ホークスさんも残り2試合でM2!ってことで阪神も狙って見ましょう!!

この記事へのトラックバック