2009年ドラフト、西武が菊池の交渉権獲得

今年のドラフトの目玉、菊池遊星は6球団が競合。
抽選の結果、1番くじを引いた西武が交渉権を獲得した。
くじ運がないとか言うけど、先に当たりくじ引かれてしまってるんだから仕方ない。

菊池は外してしまったけど、いい選手を指名できたんじゃないだろうか。
しかし、菊池以外はどこの球団も競合なしって、談合でもしてるのか?

1巡目 二神一人(法政大) 投 右右
2巡目 藤原正典(立命館大) 投 左左
3巡目 甲斐雄平(福岡大) 外 右右
4巡目 秋山拓巳(西条高) 投/内 右左
5巡目 藤川俊介(近畿大) 外 右右
6巡目 原口 文仁(帝京高) 捕 右右

育成1巡目 高田周平(信濃グランセローズ) 投 左左
育成2巡目 田上健一(創価大) 外 右左

二神はメジャーも注目していた150km右腕。
ひょっとすると1年目から活躍するかも。

藤原は粗さはあるが立命リーグ制覇の立役者。
よくもこんな逸材を2順目で取れたものだ。

3順目の甲斐は新庄2世とも言われている俊足強肩の外野手。
ポスト赤星になってくれるか。


プロ野球でモノになる奴の法則



blogランキングに参加しています。
ご協力お願いします人気blogランキングへ
こちらもお願いします。にほんブログ村 阪神タイガース

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ ブログ王へ ブログランキング【くつろぐ】 野球








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック