安藤3回6失点(TOT)、追い上げ届かず

3回2死から突然崩れ6失点。いったい安藤に何があったのでしょう。 1、2回のピッチングを見ていて、今日は調子がいいなと思っていたのに、突然これほど打たれるなんて。 2周り目から突然打たれだしたので、クセを見破られたとか、何か原因があるのかもしれません。 吉村の走者一掃のスリーベースは、赤星だったらセンターフライだったかも。 …
トラックバック:17
コメント:0

続きを読むread more

ノムさん監督通算1500勝達成!

孝行息子(孫か?)の活躍で、野村克也監督が監督通算1500勝を達成しました。 野村監督、おめでとうございます。 鶴岡一人、三原脩、藤本定義、水原茂に続く歴代5位の記録です。 お歴々の名前を見てもわかるように、これってプロ野球の歴史じゃないですか。 改めて野村監督の凄さを感じます。 1000勝以上の監督で負け越しているの…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

新井4安打4打点、今岡執念のタイムリー

新井が4安打4打点の大活躍。 最後の打席、金本敬遠後の満塁の場面でタイムリーが出て、内心ホッとしているんじゃないでしょうか。 打撃成績を調べてみたら、新井の打点は14で、鳥谷と同じです。そして、Gラミレス、小笠原の打点も14。調子が悪いながらも最低限の仕事をしてきた結果です。 6回、2点ビハインドのところで真弓監督にしては早め…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

We Love hide ~The Best in The World~

X JAPANのhideのベストアルバム、「We hide ~The Best in The World~」の紹介です。 このベストアルバムはhideが選んだ曲ではなく、hideの楽曲を世界中からリクエストを募って、その上位20曲を 収めたアルバムで、まさにファンが制作したベストアルバムと言えるものです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

My Best Of My Life

Superflyの「My Best Of My Life」という曲をご存知でしょうか。 フジテレビの木曜日21時のドラマ、「BOSS」の主題歌といった方がわかりやすいかもしれませんね。 Superflyは1年ほど前にもこのブログで紹介させてもらいましたけど、今回の曲も、とても癒される曲です。 なんと言っても、声がとても澄んでい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジェン好投もアッチソンが打たれ初勝利ならず

ジェン・カイウンが1軍初登板。 これまで、あまり大きく報道されてなかったので、どんなピッチングをするのか楽しみでした。 まだ若い選手なので、力で抑えるタイプかと思いきや、以外にも打たせて取るピッチングスタイル。 ランナーを背負ってもまったく動じた様子も無く、年齢に似合わず落ち着いて投げていました。 ジェンの爪の垢を煎じて杉山…
トラックバック:24
コメント:0

続きを読むread more

福原1000イニング登板、今季初勝利で飾る

2回の攻撃の時、まるで今日の試合を暗示するように、なぜかバックスクリーンの2回表のところに19、Rのところに23と表示されていました。 ここまで不甲斐無いピッチングで崖っぷちでの登板だった福原。 今日は見違えるような素晴らしいピッチングで、自身の1000イニング登板の節目を勝利で飾りました。 能見とは違い、打たせて取るピッ…
トラックバック:31
コメント:0

続きを読むread more

能見、149球の熱投で完封勝利!

新広島市民球場って、すごく良さそうな球場ですね。 色々と趣向を凝らしたシートがあるのも面白いですが、ゆったりと観戦できそうなところがいいですね。 グラウンドも広くなったし、芝生もとても綺麗だし。 一度は遠征してみたいものです。 能見が前回同様に粘りのピッチング。 毎回の様にランナーを背負うも、ピンチを三振で切り抜ける素…
トラックバック:24
コメント:0

続きを読むread more

鳥谷3ラン!延長を征する!

よーやった、鳥谷! チャンスを作りながらも1点が遠い展開でイライラしていたところ、胸のつかえが取れるような一撃でした。 8回に代打檜山が2シーズンぶりにHR。 これで代打HRの本数が八木コーチの記録と並び、神の領域に達しました。 安藤も7回1失点。今季最高のピッチングを見せてくれました。 流れが来ているのに掴み…
トラックバック:27
コメント:0

続きを読むread more

SMAP草なぎ剛、公然わいせつで現行犯逮捕

昼間、携帯のニュースサイトで記事をみてビックリ。 最初はバラエティ番組か何かのネタかと思った。 よっぽどストレスが溜まってたんかな。 ちょっとは同情したくもなるけど、それでも三十越えてすることやないわな。 スキャンダル以上にダメージ大きいから、謹慎で済まんかもしれんね。 税込\2000以上のご購入で全国送料…
トラックバック:22
コメント:2

続きを読むread more

久保、またも勝てず

メンチがとうとうファーム行き。 とうとう真弓監督も見切ったかと思いましたが、腎機能障害の疑いのためらしいです。 打てないストレスで病気になったのか、病気のせいで打てなかったのか。 とりあえずは健康になって、ファームで調子を戻してもらいましょう。 久保は変化球、特にフォークの制球が決まらず苦しいピッチング。 結局ストレー…
トラックバック:29
コメント:0

続きを読むread more

下さん粘るも、2安打じゃ勝てん

下柳は際どいコースを取ってもらえず、苦しいピッチングでした。 それでも粘りのピッチングで、なんとかゲームメークするところは、さすがベテランです。 3回の和田のタイムリーは仕方ないでしょう。 あえて言えば、その前のブランコへの四球がいらんかったかな。 打線は朝倉の前に初回の赤星と6回の狩野のシングル2本だけ。 よく完…
トラックバック:28
コメント:0

続きを読むread more

横浜戦3連勝ならず

福原はいつになったら本来の調子に戻ってくれるんでしょう。 今日もボールが高めに浮いていました。 横浜打線だったから5回まで2失点で済んでいましたが、巨人や中日相手だったらもっと早くにKOされてたんじゃないでしょうか。 中継ぎの状態が悪いので6回まで引っ張ったんだと思いますが、6回から継投、あるいは5回表に打席が回って来たと…
トラックバック:29
コメント:0

続きを読むread more

能見は打たれ強くなったなぁ

先発の能見が6回3安打無失点の好投。 0点に抑えたことより、2度の満塁期を無失点で切り抜けたことが成長の証です。 以前ならランナーを出してピンチを迎えると、そのまま自滅というパターンが多かったんですが、今日はがっちりと受け止めて横浜打線に得点を許しませんでした。 なんか男らしくなったなあ。 いや、去年まで女々しかった訳で…
トラックバック:19
コメント:0

続きを読むread more

安藤7回1失点!継投もバッチリ!

横浜はオフのFA騒動の三浦-野口のバッテリー。 こっちは安藤と野口の穴を埋めるべく成長中の狩野。 初回、赤星がヒットで出塁し、すぐさまスチール。 鳥谷が歩いた後、金本が天敵三浦から先制3ランHR。 ちょっとこすったって、こすってあれだけの打球なのだから凄いものです。 2回には内川がなんでもないフライを落とし、1点追…
トラックバック:28
コメント:2

続きを読むread more

イチロー、張本越え

新記録達成へのプレッシャーなどどこへやら。 昨日、満塁HRでタイ記録を決め、今日あっさりと新記録を決めました。 おめでとう、イチロー。 数あるプロ野球記録の中でも、金田正一氏の400勝、張本勲氏の3085安打、王貞治氏の868本塁打は絶対に抜く事の出来ない記録と思っていました。 今回の記録はあくまで日米通算記録ですが…
トラックバック:14
コメント:0

続きを読むread more

久々の勝ちパターンの継投で連敗ストップ

先発久保は6回を3安打。 悪いピッチングではなかったのですが、その内2本がソロHRという、もったいない内容。 森野に打たれたボールは、決して失投ではなかったと思いますが、今年の甲子園はなぜかボールがよく飛びます。 しかし、久保は好投しながら勝ち星に恵まれないって、どこか金村暁と重なる部分があります。 6回3安打と好投して…
トラックバック:27
コメント:0

続きを読むread more

イチロー、3085安打目は満塁アーチ

流石というか、やはりこの人は何か持ってますね。 DL明けの初試合でいきなりマルチ、張本勲氏の記録に並びました。 それも3085安打目はなんとグランドスラム。 凄いぞ、51番…なぜかイチローの背番号が42… よく見ると他の選手やコーチ、審判も42番。 この日はジャッキー・ロビンソンデーで、MLBでは背番号42を付けてプレ…
トラックバック:18
コメント:0

続きを読むread more

金本のダブルエラーで下柳7回KO

甲子園開幕の広島戦をもう一度見ているような感じでした。 違ったのは広島戦のヒーローだった金本が、チャンスに打てず、大量失点のきっかけとなるエラーをしてしまったこと。 下柳は2回まではらしくないピッチング。 どうも先発陣が初回に失点するケースが多いですが、狩野がピッチャーの状態を把握して組み立てるのに時間がかかっているような…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

勝てた試合やったのに

9回のダブルスチール失敗が致命的でしたね。 じっくりと攻めればいいところなのに、なぜあそこで動いたのか。 赤星であっても3盗は難しいのに、セカンドランナー新井でダブルスチールという選択肢は無茶というものです。 失敗してしまったものは仕方ないとして、それならなぜセカンドランナーを関本から藤本に代えておかなかったのか。 結局…
トラックバック:20
コメント:0

続きを読むread more

赤星スタメン落ち、能見好投も打線が援護できず

赤星、メンチがスタメン落ち。 メンチはいいとして、赤星の状態が心配です。 このまま長期離脱とならなければいいのですが。 赤星に代わって1番センターは桜井。 打順やポジションをあまりいじりたくないんでしょうが、ちょっと疑問が残ります。 センターに平野、セカンドに藤本でよかったんじゃないでしょうか。 能見は初回先頭バ…
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

金本、鬼神の活躍も一歩及ばず

金本のあの好調さは一体なんなんでしょう。 1日置いて再び1試合3HR。 凄いを通り越して、鬼気迫って怖いという印象です。 ここまで打率.607、長打率は脅威の1.464。半端な数字じゃありません。 当然、シーズン通してこの数字を維持するのは不可能でしょうけど、既に7試合フルイニング出場していてこの成績は素晴らしいとしか言いよ…
トラックバック:25
コメント:0

続きを読むread more

聖地開幕3連勝はならず

先発は石川。 立ち上がりは安定して見えたんですが、ランナーを出すと本来の力を出せず、結局7回4失点で降板。 石川も狩野も、走られてはいけないという気持ちが強すぎて、バッターに集中できていないように見えました。 それでも、大炎上した訳ではないし、7回まで投げた事は今後の自信に繋がるんじゃないでしょうか。 打線は長谷川の前に…
トラックバック:24
コメント:2

続きを読むread more

金本、驚きの3連発!6打席連続打点!

もう、凄いと言うしかないというか、凄いという言葉では十分表現できない金本のバッティング。 初回のスリーランの時は「さすが頼りになる4番」、2打席目は「凄い!」と思っていました。 3打席目に至っては、もはや「怖い!」でした。 広島投手陣の立場で見れば、金本1人にやられたという印象でしょう。 金本の7打点以外は新井のHR…
トラックバック:14
コメント:0

続きを読むread more

甲子園開幕生観戦、途中で帰って損した

ジェフ、太陽が大炎上。 7回終わった時点で諦めて帰りました。 電車の中でワンセグでチェックしたら9回裏2死満塁、1点差で金本。 ここで電車が地下にもぐったので映像は見れずじまい。 あわててmixiの実況スレを見たら、なんとサヨナラ勝ちしてました。 取られてもその分取り返す、85年を彷彿させる打線です。 今日は…
トラックバック:15
コメント:2

続きを読むread more

福原誤算、江草痛恨の2塁悪送球で開幕カード負け越し

オープン戦最後の試合ではいいピッチングをしていた福原ですが、今日はもう最悪の投球内容。 福原の場合、低めにボールが集められるといいピッチングができ、そうでないと打たれる。 今日はボールが高めに浮いていました。 初回、先頭打者に死球を与え、その後4連打で2失点。 その裏、味方が逆転してくれたのに、次の回にツーランを打たれ、…
トラックバック:22
コメント:0

続きを読むread more

能見5失点、チャンスでメンチ打てず

久しぶりにライスタでの観戦。思いっきり発散して、声がかれました。 先発は能見。今年こそブレークしてくれ。 初回、先頭の福地をショートゴロに取り、幸先いいスタートを切ったと思った矢先、次の川島にレフトへHR。 2回以降もボール先行の苦しいピッチング。 当然、四球も多くなり、リズムが悪い。このリズムの悪さが内野守備にも影…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

金本バースデーアーチ、真弓阪神白星スタート

去年の岡田監督の涙以来、ずっと楽しみにしていた新シーズン。ようやく開幕しました。 1日中わくわく、そわそわで、まったく仕事になりませんでした。 オープン戦の戦い方を見ていたら、この状態でシーズン突入して大丈夫かと、すごく不安でしたが、この試合を見る限りそんな心配はいらないようです。 関本が、ランナーが溜まったところでH…
トラックバック:19
コメント:0

続きを読むread more