新井4安打4打点、今岡執念のタイムリー

新井が4安打4打点の大活躍。
最後の打席、金本敬遠後の満塁の場面でタイムリーが出て、内心ホッとしているんじゃないでしょうか。
打撃成績を調べてみたら、新井の打点は14で、鳥谷と同じです。そして、Gラミレス、小笠原の打点も14。調子が悪いながらも最低限の仕事をしてきた結果です。

6回、2点ビハインドのところで真弓監督にしては早めの勝負。
無死1・2塁で好調葛城に代打浅井。
定石どおり送って2・3塁を作るように見せかけ、見事なバスターで無死満塁。
そして藤本に代えて、代打今岡。
ホームゲッツーだけは打たんとって(すごくネガティブ)との願いが通じたか、内角球をバットを折りながらもショートの頭を越えるタイムリー。
この後、狩野のゲッツーの間に新井がホームインして同点。
7回には新井、浅井のタイムリーなどで勝ち越し。
打線の繋がりも出てきたし、何より2度の満塁のチャンスでキチンと得点できて良かった。

先発下柳は5回まで3安打ピッチング。
6回無死2塁のピンチで内川、村田を打ち取り、なんとか凌いだかと思ったんですが、続くジョンソンにタイムリーを打たれ1失点。
それでもこれで終わっていればよかったのですが、ここから満塁にされ、ルーキー細山田に走者一掃のタイムリーを打たれてしまいました。
いいピッチングをしてたのに、もったいない。
今年の先発投手陣はこのパターンが多過ぎます。
3周り目に入ってからの狩野のリードに問題があるんかな。


BBH2008 SP011 阪神 新井 貴浩 ベースボールヒーローズ



blogランキングに参加しています。
ご協力お願いします人気blogランキングへ
こちらもお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ ブログ王へ ブログランキング【くつろぐ】 野球











この記事へのコメント

この記事へのトラックバック