オランダに圧勝

NHKの中継って、なんであんなに悲観的なんでしょうか。
中盤以降、ランナーを出す度にピンチ、ピンチと。
4点差もあるのにヒット1本打たれたぐらいで大袈裟すぎます。

流石に杉内も目一杯のピッチングをしていて6回、7回になると疲れが出るでしょう。
田中マー君は2四球で今後の登板が心配って、相手のバットに当たったのは僅か1回ですよ。それもファールです。

普通に試合を振り返れば、何の不安もないゲームでした。
初回にいきなり新井、稲葉のタイムリーで4点を先取。
先発の杉内は7回を4安打無失点の好投。
その後、田中、川上のリレーで相手打線を封じ込める。
一方、打線は8回にGG佐藤のHR、青木のタイムリーで駄目押しの2点を奪い、6-0でオランダに完勝。

今日は新井にようやくタイムリーが出てホッとしました。
これまで飛距離は出ていても正面だったり、うまく取られたりしていましたが、今日はフェンス直撃でした。
9回には川上が登板。明日の韓国戦の先発だと思っていましたが、あの9失点があったので、とりあえず自信回復のための登板だったのでしょうか。
キャッチャーも矢野に交代しましたから、多分そうなんでしょう。

明日は韓国戦。これが予選リーグの1つ目のヤマです。


ミズノ/MIZUNO◆野球日本応援タオルマフラー◆77◆52ZT77077



blogランキングに参加しています。
ご協力お願いします人気blogランキングへ



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック